見出し画像

性欲が強い彼。断っても1時間ごね続けます……。【ライムスター宇多丸のお悩み相談室284】


✳️今週のお悩み✳️
私は今4歳年下の彼と交際しています。相談したいことは、相手の性欲の強さについてです。最初の2カ月は我慢して何も手を出してこなかったのですが、ここ数カ月は、会うたびに「ホテルに行きたい、やりたい」と言います。事前に約束していない日も、翌日面接があって早く帰ると言ってある日も関係なく言い出します(2人とも就職活動中です)。また、場所も関係ありません。学校の帰り道、駅前など人がいてもお構いなし。断ると「(デートの)やる気をなくした」「ねぇ、行こうよ」などと1時間はごね続けます。食事などのその日の予定は、もうどうでもよくなるようで、こちらはとても傷つきます。先日はカラオケの個室内で局部を出し、自慰で処理していました。止めてと言っていたのに。最近はその身勝手さに気が滅入り、会う気力まで削がれてしまっています。お互い実家に暮らしており、お金もない学生が頻繁にホテルに行けるわけがなく、我慢してほしいのが心情です。これは別れるしかないのでしょうか……。ちなみに、2度ホテルに行きましたが、2~3日以内に上記の言動が始まりました。
(なみ・26歳・大学生・福島県)


宇多丸:
もちろん、22歳の男なりの性欲の強さ、というのはあるにしても……。
あと、たぶんだけどその人、そこまでしっかり性的な交渉があるようなお付き合いを、これまではしてこなかったのかもしれないけど。だからここまでがっついちゃう、ってことかもしれないけどさぁ……。

それにしたって、さすがにこの人の言動は、ちょっと異常ですよ。同性から見ても完全にそう思う。

「ヤらせてもらえないと露骨に不機嫌になる男」というので僕がまず思い出すのは、『ふぞろいの林檎たち』で時任三郎が演じていた、岩田ってキャラクターなんですよね。
彼は、手塚理美演じる陽子っていう、いわゆる優等生キャラな、非常に真面目な女性とずっとお付き合いしてるんだけど、ある時期から彼側が、デートをするたびに、とにかくグイグイ性的な行為を求めだすわけですよ。
それ自体はまぁ、理解できなくもない欲求なんですけど、陽子はやっぱりどっちかと言えば堅めな女だし、あとは当然80年代当時の貞操観念というのもあって、とりあえずはそれを押し返し続けている。
するとこの岩田が、あからさまにイライラしだして、モノに当たったり、酔って友達にさんざん愚痴ったあげく、「バカにしやがって!」とか言って、泣きだしたりするんですよ!

いやそりゃ、カップル間で性的欲求のバランスが一致しない、というのはわりと普遍的な問題だろうし、それで悩むのは全然いいんだけど……、岩田の一方的な逆ギレ感はやっぱ、リアルタイムの感覚でも、僕はまだローティーンでもちろん童貞でしたけど、「絶対こうはなりたくない!」って思って観てましたよ。
山田太一の脚本も、なんとなくだけど、この岩田/陽子カップルの描写には、特別悪意がこもっている気がするんですよね(笑)。

この岩田というのは、いかにも「オス」っぽい男代表、みたいな感じなんですよね。勝ち負けにもすごくこだわるし……、彼がそうなったのにも理由があって、それはそれで同情すべき話だったりもするんですけど。
とにかく、彼のその「男らしさ」はなるほど頼もしく見えもするし、直情型なのもチャーミングと言えばチャーミングで、現実にモテるとされているのも、やっぱり彼のようなタイプですよね。
でも、それは反面、前述の言動に現れたような言わば暴力的なまでの幼児性と、実は背中合わせなものだったりもする。
だからやっぱ、「男らしい」男って苦手なんだよ!と、このドラマ観て勝手に思いを新たにしてましたね(笑)。

こばなみ:
ほへ~。
しかし、このなみさんの彼、その岩田くん以上では?
 カラオケで局部を出してとかって、すごいですよね。

宇多丸:
それはさすがにおかしいよ。若い男にしたって常軌を逸してる。
友達からそんな話聞いたら、お前ちょっとまずいんじゃないかって諫めますよ、たとえお互い性欲マックス時代であっても。
一時間ごね続けるも相当なもんだし……。

こばなみ:
セックス依存症とか?

宇多丸:
そこまでのもんかはわからないけど、だとしたらなおさら、現状なみさんひとりがなんとかできる話じゃないってことでしょう。

一番ダメだなと思うのは、なみさんの気持ちへの配慮が、その人の言動からほとんど感じられないじゃん。

こばなみ:
「最初の2カ月は我慢して何も手を出してこなかった」って書いてありますけど。

宇多丸:
まぁだから、たぶんさっき言ったように、お付き合いし慣れてはいないんですよ。
だからその期間は、単にどうしていいかわからなかっただけなんじゃないのかな、おおかた。
今も要は、コミュニケーション下手で適切な距離感が保ててない状態、ということではあるんだろうけど。

にしたってこの彼は、いくらなんでも自己中心的、幼児的すぎますよ。

前も言ったけど、性欲が我慢できないって、なに、動物なの?って。だったら犬猫と同じように去勢しろよ!って話だよ。

なんにせよね、なみさん側の心情や立場を無視してまで求めてくるっていうのは、なんでもいいから体だけ使わせろ、って言ってるようなもんじゃん。
仮に風俗の客だとしても、最低の考え方だよ。キモい。

こばなみ:
なみさんにも、そんな人ばっかりじゃないよってわかってほしいですしね。

宇多丸:
ばっかりじゃないどころか、聞いたことないよこんなの!

とにかく僕はこれ、早いうちに手を引いたほうがいい気がします。
性的な関係ばかり求められるようになって……、じゃあそこ抜いたら、彼との間に何が残るの?って考えると、いよいよ寒々しい気分になってきますよね。

てか、別れるしかないでしょうか?って言うけど、はっきり言って、なみさんも明らかに、もうとっくに気持ちが離れちゃってるじゃん。
ドン引きして当然だよ、そりゃ。

こばなみ:
カラオケでの光景が目に浮かんでしまって。ひぃ~。

宇多丸:
まぁ世の中には、人目憚らずディープにいちゃつくのが大好きなカップルもわんさかいるわけだから、彼も、そういうとこでテンションが一致する人を、どこかで見つけりゃいいんじゃないですか?

そして、なみさんがそれに無理して合わせる必要は、言うまでもなくまーったくない。

これを読んでる女性の皆さんにも言いたいけど、パートナーに嫌なことをされたときに、「男性だから仕方ない」みたいな考え方で済まさないでほしいなと思います。男側に都合よくでっち上げられたようなクソ理屈を、女性側まで内面化しちゃ、絶対ダメ!
 このケースも、「止めてと言っていたのに」社会的にもアウトな行為を強行した時点で、もう論外なんですよね。
同性として恥ずかしい、みたいなことさえ言いたくない。男として云々以前に、人としてダメすぎる、ってだけなんだから。

ちなみに、どっちかが一人暮らししていてヤり場には困らない、という条件だったにしても、この彼の場合、入り浸っては体ばかり求められる、というのに歯止めがきかなくなるだけで、結局うんざりさせられることに変わりはなかったんじゃないかと思います。

ということで、そういう彼の人間性が、急に改善されるというのもありえない以上、ここはやはり、ご自分が本当には何を望んでいるのか、改めてしっかり向き合った上で、ビシッと線引きをされることをオススメしたいですね。



【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2019年6月22日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。




☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞