見出し画像

男性から「隙がない」と言われることが多く、どうしても結婚に至りません。「隙がない」って何?【ライムスター宇多丸のお悩み相談室324】


✳️今週のお悩み✳️
私の悩みは、男性から「隙がない」と言われることです。今年でアラフィフに突入する年齢になり、一度も結婚したことがない独身になります。今まで男性とはお付き合いはあります。というか、中学3年生から今まで、彼氏がいなかったことがほぼないくらいに、男性とのご縁はあります。今もお付き合いしている方はいますが、どの方とも「結婚」までは至らないのです。長い方は4年程お付き合いをしました。先方のご両親ともお会いして仲良くさせていただいたりもしたんですが、やはり、どうしても、「結婚」には至りませんでした。別れを切り出されたことも、切り出したこともあるんですが、必ずと言っていいほど私には「隙がない」と言われます。「隙がない」って、何なんでしょうか? 男性の友人に相談しても「”隙がない”ってことだよ」としか言われず……、悩んでいます。 男性の言う「隙がない」って、何なんでしょうか? 「隙がある」って、何なんでしょうか?
(更年期辛い・44歳・福岡県)


宇多丸:
更年期辛いさんが何のことを言われてるのかわからないように、僕たちもこの文面だけだと判断しようがないところもあるけど、あくまで一般的に、「隙がない」という表現がマイナス強めなニュアンスで使われる局面、というのを考えてみると……、すべてにおいてちゃんとしているがゆえに、こっちは緊張しちゃう、気が抜けない、安心できない、みたいな感じですかね。

こばなみ:
気楽に付き合えない、ってことなのかなって私は思ってたんですけど。

宇多丸:
こばなみも言われたりするの?

こばなみ:
ぜんぜん言われたことないです。で、さっき夫にも、「私って隙、ないかしら?」と聞いてみたんですけど、ポカンとしてました。

あとたぶん、「隙がない」って言われる人って、賢そうに見える人なのかなって。

宇多丸:
もちろん、頭の良さっていうのは絶対入ってくる条件でしょうね。

あと、特に男性側が女性にこれを言うときには、「自分のコントロール下に置けない女性」を脅威に感じてしまうっていう、ぶっちゃけ性差別的な心理が働いている可能性も、どうしたって疑ってしまいますよね。

もちろん男性が全員そういう考え方をしているわけではないと思うんだけど、残念ながら日本社会の現状として、そう思われてもしょうがない差別的な構造がドスンと居残っているというのは、事実なので。

更年期辛いさんの語調にそこはかとなく怒気が漂ってるのも、ひとつにはそうした社会全体の理不尽さに強く憤っているという部分もあるからではないか、とお察ししますが。

ただまぁ同時に、これは男女問わず、対人関係に関しては最終的にやっぱり、「愛嬌」の有無が大きな分かれ目になるもんだよな、というのは、良い悪いではなく経験上確実に感じるあたりでもあって。

じゃあその「愛嬌」ってなんなんだと改めて考えてみると、そりゃ見た目の問題っていうのもあるけど、一番大事なのは、「自己開示がじょうずにできるかどうか」なんじゃないかという気が僕はするんです。

人のチャーミングさというのが弱さやダメさ込みで成り立っているものなのだとしたら、そこを自然に、嫌みなくさらけ出せる人は、やはり愛されやすいと言える。周りの人間も、じゃあこちらも胸を開こうかな、となりますしね。

その意味で更年期辛いさんは、少なくとも周囲の人たちには、心のガード固めな人、という風に見られがちなのかもしれないですよね。そのことをもって「隙がない」と言っているのかもしれない。

でも、更年期辛いさんがいくら表面的にはそう見えていたとしても、実際にはこの相談にあるように、いろいろ人間的な悩みを内側には抱えていて当たり前なわけで、最低限パートナーとしてお付き合いしてるやつは、そこまで理解しようと努力はしろよ!とは思う。「隙がない」なんてあっさいレベルで止まってんじゃねーよ!って。

ちなみに更年期辛いさんは、「隙がない」というのを、はっきり「キミとは結婚できない」的な理由として言われたんですかね?

あるいはそうじゃなくて、なんで結婚まで毎度至らないのかを考えてみるに、よく言われるアレか?みたいな感じなのか。

だとしたら、ちょっとそこはいったん分けて考えたほうがいいかもですよね。

だって、みんなお互い欠点があるのなんかわかった上で、結婚してるわけでしょう。

たとえば「隙がない」を飲み込んだ上で、それでも一生一緒にいてくれや、ってことだって当然あるわけで……、てか、そもそも更年期辛いさんは、結婚したいって意思を、歴代パートナーに伝えてきたのかな?

「結婚しようよ」「隙がなさすぎるからキミとは嫌」って地獄みたいなやりとりが繰り返されてきたのなら、それはやはり明らかに「隙」問題がポイントということになるけど、実は単に、更年期辛いさん側に結婚への意思が強くあるってことが相手にうまく伝わっていなかっただけ、みたいなことはないかな?

ひょっとしたらそれもやっぱり、「自己開示をあんまりしないタイプ」=「隙がない」っていう話なのかもしれないけど。

更年期辛いさん、間違いなくモテるはモテる方みたいだし、ひょっとしたら、周囲には勝手に「孤独とか感じないっしょ?」「結婚とか興味ないっしょ?」とか思われてたりするのかもしれない。

とにかく、恥ずかしながら僕自身がまさにそうだったんだけど、男は女性にくらべてタイムリミット意識が希薄なぶん、結婚というものに対しても、放っておけばずーっとぼんやりした態度をとり続けたまま、という人は少なくないと思いますからね。

更年期辛いさんが言い出さない限りはただただ時間が過ぎてくだけ、みたいな状況も、じゅうぶん想像できる。

こばなみ:
ただ、そういう意思がなくても、両親と会ったりするものですか?

宇多丸:
ある程度の年齢なら、まぁそこを視野に入れているのかな、とは思っちゃいますよね。

そこから先、なんとなく決定打に欠けてズルズルと的なことなのか、はたまたやっぱりわりとはっきり「キミとはやってられんわ」って感じだったのか、この文からだけではわからないんで、僕らもあんまり明確な結論は出しづらいですけど……。

ただ、そこで第三者に相談してもやはり「だから、隙ないからじゃん?」って答えが真っ先に返ってくるってことは、少なくともハタからは更年期辛いさんがそう見えがち、ということはたしかっぽいわけじゃないですか。

じゃあどうするかってことだけど、まずはストレートに、「そういう更年期辛いさんに合う相手をこそ探す」っていうのはあると思うんですよね、やはり。

絶対いっぱいいますもん、バッキバキにしっかりした相手にケツを叩かれてるほうがいいって人。

その上で、さっき言ったように更年期辛いさんの普通に人間的な部分をしっかり汲み取ってくれるような人も、必ずいるはずだし。

たとえば、ボケッとしてる男とビシバシ仕切る女の人とで結果ナイスコンビネーション、みたいなのとか、容易に思い浮かぶパターンでしょ。

こばなみ:
よく見かける組み合わせですよね。

宇多丸:
だからたぶん、そういう「隙がない」、きちっとした人であること自体が悪いわけじゃないんだよな、当たり前だけど。

更年期辛いさん側はなにも直す必要ないのかもしれない。

そこからさらに、あえて気をつけるべきことがあるとしたら……、その「きちっと」が、感じ悪く発露してしまってはいないか、自分にその気はなくとも他人にはそう見えてしまってないか、というようなことじゃないですか?

言ってることやってることは正しくとも、それがたとえば説教がましかったり、相手をバカにしたような感じになってしまっていたりしないか、とか。

人にナイスにされたくばこちらもナイスに接するしかない、というのはコミュニケーション全般の基本ルールみたいなもんなので、もし仮に万が一、こちらの物言いなどに問題があるのかもしれない、というような心当たりがあるのならば、そこはあるいは改善の余地があるポイント、と言えるかもしれない。

こばなみ:
あとは結婚は結婚で、したいなら、そう切り出そうってことですかね?

それこそ、隙なく仕切ってかためちゃえばいいのにとは思いましたが。

宇多丸:
それもそうだし、さらに根本の話としてやっぱり、少なくともパートナーに対しては、普段からもうちょい自己開示を積極的にしてゆく姿勢、みたいなのもちょっと必要なのかもしれないし。

それこそさ、その男性の友人に相談したってときも、「”隙がない”って事だよ」とだけ返されて釈然としないなら、具体的にはどういうこと?とか、納得できるまでもっとグイグイ食い下がればいいのにな、と僕は思ったけど。

「こっちはそれ言われるたびに、傷ついている上にどうしていいかわからないんだから、口にした責任上、ちゃんと教えてよ!」って、こちらの気持ちや立場、その切実さもしっかり伝えてさ。

こばなみ:
友人だったらこれからまた聞いてみてもいいのでは?

宇多丸:
そうだね。

とにかく現段階の情報ではなにが真の問題なのかは推測の域を出ないので、そうやって近しい第三者の意見を聞いてみるというのはひとつの手だろうし……。

その上で、自分に落ち度はないと確信できるようなら、さっき僕が言ったように「隙がない」上等!精神で、そのままの更年期辛いさんを受け入れてくれる人と出会えるまでまたトライ&エラーを繰り返してゆく、ってことで、とりあえずはぜんぜんいいんじゃないですかね。

こばなみ:
編集部メンバーの「隙がない」型の女子がふと「44歳なのだからアラフォーでいいのに、律儀に”今年でアラフィフに突入する年齢”って言っているあたり、本当に真面目な方なのだなと思いました」と。でも「”隙がない”というのは別に悪いことじゃないし、隙だらけで事件に巻き込まれることもありますし! 気持ちもわかりますが、あまり固執せずに本当に悩んでいることを明確にできるといいですね」って言っていました。

ちなみに、隙に付け入られるほうが怖いというのは、他のメンバーも言っていましたよ。

なので、隙がなくはない私としては、「隙がない」ってのはなんかきちんとしたベースがあっていいなぁとは思いました。その上で宇多丸さんが言っているように、気になったら第三者に聞き込みしたり、自己開示はちょっぴり勇気がいるかもですが必要ならえいや!とやってみて、モヤモヤが晴れるといいですよね。

編集部でも様々な角度で意見や経験談が飛び出していたので、悩んでいる人も多いのだなと実感しました。

スタッフ一同、応援しています!



【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2020年6月6日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。




☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞