見出し画像

話しかけにくいキツイ顔立ち。強面でも柔らかい印象を与える方法は?【ライムスター宇多丸のお悩み相談室4】


✳️今週のお悩み✳️
私はよく表情が硬いと言われます。もともとキツイ印象を与えやすい顔立ちなのですが、緊張すると更に無表情になってしまうので、初対面の方に話しかけにくいと思われてしまうことがよくあります。強面でも柔らかい印象を与える方法はあるのでしょうか。解決策を教えてください。
(そむ・24歳・東京都)


宇多丸:
僕の経験上、「話しかけにくい」とか「怖い」って言われがちな人は、いわゆる「美人」タイプが多いですよね。

自分のルックスに自信がない風に幼少時から育っちゃってる人は、まわりに対して何とかよい印象を与えようと、へりくだり、おどけ、愛嬌を使い、いろんなことをやるのが無意識に身についている。

キレイな人は、おどけたりする必要がないまま育ってるから、普通にしてても「怒ってんの?」なんて聞かれたり。ミステリアスだからこそ、まわりに気をつかわせたり。本人に悪気はなくてもね。で、「別に、怒ってませんけど、何か?」みたいな感じで、これまた無表情で返すとますますミステリアスに。
というのが仮説としてあります。

こばなみ:
でも、男性にはモテるからいいじゃないですか?

宇多丸:
いやいやいやいやいや、そうとも限らないよ。男もとっつきにくく感じちゃって、美人なのに「全然わたしモテないんですよぉ~」って人、けっこういるからね。で、自分のルックスを神棚に上げちゃって誰でもいいから口説くクソ図々しい男にいっちゃうパターンね。

こばなみ:
美人と「え~、この人が!?」ってメンズがくっついたりもしますもんね?

宇多丸:
そうそう。この手の美人は、ふだん押されてないから押しに弱いわけですよ。ころっといっちゃう。自分の美人度をコントロールできてない美人にありがち。

こばなみ:
でも、東京都のそむさんが美人とは限らないですよね。

宇多丸:
美人じゃないならこりゃ、メイクを変えるしかない!

これは、女子にだけ使える特権だけど、メイクの仕方でぜーっんぜん印象なんて変わるからね。
「それ、メイクで余計に怖くなってるよ」とかって女子、けっこういるじゃん?
真行寺君枝みたいなタイプが真っ黒な服きて真っ白なメイクで出てきたら怖いでしょ?

こばなみ:
真行寺君枝? ま、いいや。

宇多丸:
だからさ、強面なら「垂れ目」にするとかさ! イマドキのテクで目を垂らせばいいんだよ!
デパートいけばタダで教えてくれるよ!!

俺ね、常々思うんだけど、顔の悩みがある人は、整形とかする前にプロにメイクを学べばいい。
絵が下手な人だっているんだから、自分の顔に自己流で下手な絵を描いてどーすんだっ!っていう。

こばなみ:
ちなみに男子はそういう悩みってあるんですか?

宇多丸:
男にとっては「怖いよね」ってのは褒め言葉。「強そうね」ってのと同義語。ほぼ嫌な感じはしないと思う。

こばなみ:
結論は東京都のそむさんが美人か美人じゃないかによりますね。

宇多丸:
美人タイプなら、かなり今でも十分得してるんだよってことをまず認識しよう! 美人ゆえに好意はそもそも持たれているわけだから、あと1歩なにかすれば解決ですよ。強面でもやさしいところをちらり見せるとか。「不良が子犬を拾ってた」みたいなこと!

こばなみ:
不良が子犬って(笑)。

宇多丸:
美人じゃなくて、まぁ、その東京都のそむさんが鬼瓦みたいな感じなのであれば、そりゃメイクですよ。今すぐにでもデパート行けってな話だよ。

あ、でもさ、美人も鬼瓦も紙一重かもね。美人とされている人も一歩メイクを間違えれば鬼瓦だしね。

小雪さんも一歩メイクを間違えると、鬼瓦になるわけですよ。
ようは、どうプレゼンするかの問題かもな。

例えば、柴田恭平さんが「カッコいい」とされるのって、顔の造作だけじゃないっていうか、その要素って実はそんなに大きくないんじゃないかと。

スタイルがカッコいい、ダンスがカッコいい、声の低め成分がカッコいい、トータル演出として、いい男として扱わねばならんという。
あ、声の問題もあるなぁ。

こばなみ:
男性の場合は、声が低いとたしかにカッコいいですね。

宇多丸:
声が低いと怖いしモテる。逆に、哀川翔さんみたいに、あのルックスなのにあの声だから強面とのバランスがとれてる、みたいなパターンもある。

こばなみ:
そむさんの場合は、哀川翔にハイトーンボイス、不良に子犬ですね!

宇多丸:
鬼瓦はメイク、メイクはデパート! ってことで、今回は女子サイトらしい解決ができた気がする!!

結論:
あなたは美人? それとも鬼瓦?
美人なら「不良が子犬を拾ってた」ような演出をすべし。
鬼瓦なら「垂れ目メイク」をデパートで習得すべし。


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2013年7月27日に公開したものを再編集し、掲載しています。


📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕

【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら
📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。

☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞