見出し画像

言葉遣いが荒い、無理やりセックスするなど、付き合って2カ月で彼の態度が豹変。私のせい……?【ライムスター宇多丸のお悩み相談室341】

✳️今週のお悩み✳️
彼氏(同い年)と付き合い続けてもいいものか、悩んでいます。私は精神的に病み現在休職中なのですが、寂しさに耐えかね、話し相手が欲しく始めた出会い系のアプリで彼と出会いました。出会った当初は穏やかで優しく、連絡もマメで、しょっちゅう電話しては私の暗い悩みもよく聞いてくれました。直接会ったときにも楽しく過ごせて、この人とは楽しく過ごせそうだなと思い、2回目のデートで告白されて付き合い始めました。今は付き合ってから2カ月くらいが経ちます。付き合ってわりと早い時期から、彼の態度が変わったなと感じました。きっと、彼的には素に戻っただけなんだと思いますが。変わったなと思うのは、連絡の頻度が落ちた&雑になった。電話をほぼしなくなった。言葉遣いが荒くなった。という点です。連絡頻度が落ちたことに関しては、不安になって何度か彼に伝えました。言った直後は意識して少しマメにしてくれるのですが継続はせず、どんどんと連絡頻度が減っています。そのうち、不安な気持ちを伝えると「うるせぇな」「自立した女が好き。連絡も別に頻繁に取りあいたくない」「そういう話はしたくない」など言われてしまい、言いたいことを言うのも怖くなってしまいました。また、彼は束縛を嫌い、嫉妬されるのも嫌がります。自分もまったくしないそうで、知り合いの女性のことを「あんな人だったら俺も結婚したい」など私に普通に話してきます(彼的には冗談のつもり)。そういう話をされると、私も余計に不安になる、という負のループです。
口が悪いのも怖いのですが、セックスについても怖い点があります。彼の気分次第で前戯もなく、寝てるときでも無理やりにしてくる。避妊をせずにしたがる、ということです。酔っていたときに、一度ゴムをつけずにしてしまい、後からとても不安になりました。彼に言ったところ、「次からはしない」とのことですが、しれっとつけずにしようとすることがあります……。
彼が好きという気持ちはまだありますが、客観的に見ると、きっと別れた方がいい、となると思います。好きなら自分も変わる努力をして、相手にもちゃんと伝えて付き合っていくようにするべきなのか。もしくは、悪いものは悪い、と見切りをつけて別れるべきなのか、わからなくなってしまいました。 自分の気持ちと、客観的な悪い点をどう折り合いをつけていけばいいのか、わかりません。自分を責める癖もあり、「私も悪いところがあるし、私のせいで彼が変わってしまったのかも。私が変わったら彼も変わるかもしれない」などとも思ってしまいます。また、別れた後、自分がどうなってしまうのかも怖いです。精神的な問題(良くなってきていますが、うつ病です)と、休職中ということもあり、さびしさやショックをいつも以上に感じてしまいそうで、考えただけで怖くなってしまいます。 まとまりのない文章ですみません。優柔不断で勇気のない私に、アドバイスをいただけたら嬉しいです。
(ゆめこ・35歳・会社員 ※休職中・大阪府)


宇多丸:
途中ご自分でもおっしゃってますけど、これはもう、我々含め、話を聞いた第三者は全員、同じことを言うと思います。

一刻も早く、そのロクでもない男とは完全に縁を切って、ゆめこさんの人生から叩き出すべき!

まずはそれに尽きますよね。

こばなみ:
それは私も激しく同意です! 

でも、別れたらさびしいということでアドバイスが欲しいんですよね。

宇多丸:
うつ病かつ休職中ということで、人との接点を失うことに余計に恐怖を感じてしまっているのかなとは思うんですが……。

客観的に見ると、いっとき孤独を受け入れるというのもたしかに辛かろうけれども、それよりなにより、その男との交際を通して今後も受け続けることになるであろう心身へのダメージのほうが、はるかに重く深刻なのは明らかなように思えますよ、やっぱり。

ゆめこさんが考えている以上に、かなりひどいと思います、その人。

なんと言っても、ゆめこさんの心と身体に対するほんのちょっとの思いやりめいたものさえ、その男の言動からは、まーったく感じられないじゃないですか。

それってつまり、大きく言えばゆめこさんの尊厳を、日々平然と軽視し、削りとっているわけだから。

仮にうつじゃなかったとしても、そういう人間と一緒にいたら、誰だって具合悪くなってきちゃうよ!

まぁ、そんなヤツにさえすがりたくなってしまうほどキツい精神状態、ということでもあるんだろうけど……。

はっきり言って彼は、関われば関わるほど、ゆめこさんをさらに毒してゆくだけの存在だと思いますよ。救いの要素などまったくない、と考えたほうがいい。

この連載でもこれまで、セクハラ野郎含め、いろんな最低男が出てきましたけども、曲がりなりにも付き合った相手としてはこれ、ぶっちぎりのトップ級に、情状酌量の余地なしなクソじゃない?

でも基本優しいんですとか、楽しいんですとか、そういうフォローすらできない感じだもんね。

こばなみ:
ゆめこさんは自分のせいでもあると考えているようだけど、そんなことないですよ!

宇多丸:
いい感じだったのは、ホントに最初の最初だけだもんね。嫌な言い方をすれば「落とす」までというか。

そこから豹変というか、本性を出すのも異常に早かったわけだし……、だってまだ2カ月よ? 付き合いだしてから。

要は、元からクズだったヤツが一瞬猫かぶってたけどすぐ馬脚を現した、というだけのことですよ、明らかに。

ゆめこさんが責任感じなきゃならないようなことは、マジで1ミリもない!

こうやって、被害者側に「こっちが(も)悪いのかも」とか思い込ませてしまうあたりも、セクハラやDVなどと完全に通じる構造ですからね……、てか、寝ててもおかまいなしにいきなり性行為を強行、それで避妊しようともしないし、言ってもちゃんと聞いてくれないって、もはや性暴力の部類だよ!

話にならん、もう!

パートナーとしてじゃなく、人として話にならん。

とにかく、ふだんから感じが悪い、言うことを聞いてくれない、そしてときに望まぬ行為の強要……。

独り身だろうとなんだろうと、これ以下のひどい状況ってあります?

こばなみ:
彼は変わらないですしね。

宇多丸:
まぁ人間いつかはそんな可能性もないとは言えないだろうけど、少なくともそれは今じゃないよね。

まして、ゆめこさんがそのために努力しなきゃなんないとか、そんな筋合いはビタイチないから。

ということで、僕らの結論ははっきりしてるんですよ。

「ヤツとでさえなければなんでもいい」レベルで、とっとと切ったほうがいい!

うつとか関係なく、単純にハズレ中のハズレをたまたま引いちゃったという、ある意味誰の身にも起こりうる災難の話ですよ。

だから、気持ち切り替えてこうよ!

これ以下のハズレってちょっと考えづらいくらいだから、こっから先の出会いは、ある意味全部当たりってことになるはず!みたいに考えてさ。

それでも、一時的にであれ、どうしてもひとりはさびしいというのなら……、そういうときこそ、女子部JAPANじゃないの?

こばなみ:
ぜひ!!! オンラインで集まってしゃべる会もやっています。他愛もない話をすることで、気が紛れることもあると思うので。

宇多丸:
孤独や不安を埋めてくれるのは、なにも異性パートナーだけじゃないですからね。 

ともあれ、今回はあえてやや強めの言葉で背中を押させていただきましたが……。

ただでさえ凹みがちで当然な人生の大変な時期に、よりによって!という感じで、さらに削られてしまったであろうゆめこさんの自己肯定力を、改めて回復するきっかけになってくれればいいのですが。

あとはホント、うまく別れて縁切れるといいね、ってだけだよ。

こういう男に限って、いざ相手から別れを切りだされると逆に執着し始めるとか、ない話じゃないと思うけど、それはあくまでヤツの自尊心を守るためのものだったりするので、そこには目くらましされないようにしていただいて……。

もちろん、なんであれ困ったときには、周囲の人間や、場合によっては公的機関に助けを求めるのだって、ぜんぜんありですからね。

恥ずかしいことでもなんでもない、ただの権利ですから。

こばなみ:
またなにかあれば、ご連絡いただければと思います。とにかく早く伝えねば!と思って、取り上げさせていただきました。一刻も早く行動に移せること、応援しています。



【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2020年11月7日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。




☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞