見出し画像

割り勘は当然、コーヒーはカ○ディの試飲で済ませるほどケチな彼。奢ってもらうにはどうしたらいい?【ライムスター宇多丸のお悩み相談室119】


✳️今週のお悩み✳️
8歳年上の会社経営の男性(38歳)と2カ月前からお付き合いしています。そもそも付き合う前から、金が目当てで寄ってくる女が好きじゃないと言われていたのですが、とにかくケチなんです。食事は大抵割り勘(2人ともお酒を飲まないので、2人で平均5000円くらいなのに)だし、デートでカフェにはいれば、ドリンクとアイスを半分こ。試食販売にとびつくし、コーヒーを飲みたくなったらカ○ディの店頭で配ってるコーヒーを飲みに行く始末。たまに奢ってくれるときは、焼肉食べ放題1000円とか。先日はレストランで注文は2人で3品までって言われました。割り勘なのに。でも、ケチとも、奢ってよ!とも言えず、悩んでます。男性が払って当たり前とは思いませんが、まわりの友だちは、食事や映画のチケットを彼に払ってもらっていて羨ましいです。彼に奢ってもらうにはどうしたらいいでしょうか。
(ちろりん・30歳・神奈川県)


宇多丸:
38歳、会社経営者って、金持ってそうな感じなんだけどね。

なんにしたって、まだまだ付き合いたてと言っていい時期なのに、彼女を喜ばせたい、いいとこ見せたいみたいな感じがまったくしないのは、ちろりんさんも女子としてちょっと悲しくなっちゃうあたりかもね。

僕は逆に見栄っ張りで、必要ないときまでお金出しまくって後で財布見てガーン!みたいなタイプなんで、ケチ派の心理はあんまよくわかんないんですけど……、こばなみの周りには、こういう人っている?

前にも言ったかもだけど、とある知人から、飲み代のワリカンを後日1円単位まで正確に請求されたことを僕は思い出しましたけど(笑)。

こばなみ:
女子部員のあおいさんからは「毎回マックの100円コーヒーばかりでケチなので注意してケンカになって『貧乏、みみっちいねん! 見た目もなぁ』って言って別れた」というお便りも。
私の周りでは、そういえば、複数人でワイワイ女子会していて、「私、頼んでないし飲んでないから別会計で」って言ってた人はいましたけど。

宇多丸:
もちろんそういうときは、まずまわりが先に気を使って、「あなたは飲んでないからこのくらいで」とか提示してあげるべきだとは思うけどね……。

ただこの彼氏の場合、最低限ちろりんさんとの関係をフェアに保とうとはしてるみたいだから、ただただ自分が損したくない一心の、それこそ隙あらばワリカンからも逃げようとするような、一番エグいタイプのケチよりはだいぶマシだと思いますけど。

それにしても、なんでそこまで……っていうのは普通に疑問だよね。
ストレートに聞いてみたらいいんじゃないの? 「そんなに倹約しなきゃいけない理由って何?」って。

自分で会社やったりなんかしてるからこそ、よりお金にシビアっていうのは確実にあるかもしれないし。
ひょっとしたら、ホントに切詰めなきゃいけないような経営状態なのかもしれないじゃん?

こばなみ:
この歳で会社経営っていったら、ベンチャー系な気もするし、いつも安定してるってわけではないかもしれないし。

宇多丸:
ただ、「金目当てで寄ってくる女」云々とも言ってるんだから、やっぱりお金がまったくないってわけじゃないのか……、いや、金持ってると思って寄ってくる女が多いけど、実際は違うから迷惑!的なことか? 
どっちにしろこのケチさはもう、彼の骨身に染みついた、行動原理のようなものなのかもしれないですよね。
なんせコーヒー飲みたくなったら店頭サンプルもらいに行くって発想は、相当の筋金入りだよ!

昔 『天才バカボン』のなかのエピソードで、例の目ん玉つながりのおまわりさんが、弁当箱に白飯だけ詰めて、デパ地下の食品売り場をウロウロして試食品をおか ずにするっていう場面があって、そのときは子供だったから素直に「アッタマいい!」って感心しちゃったんだけど、なんかそれをちょっと思い出しちゃいまし た……。

でさ、そこでちろりんさんも、「彼に奢ってもらうにはどうしたらいいでしょうか」とは書いてるけど、別に彼にお金を出してもらうこと自体がゴール、というわけじゃないと思うんだよね。
要は、何するにしてもいちいちせせこましくて、彼女のことを気づかったり、2人の関係を良好に保とうとする努力みたいなことは後回しになってる感じがしてイヤ、って話だと思うんだけど。

ちょっと思ったのはさ、「ドリンクとアイスを半分こ」だの「注文は2人で3品まで」だのって貧乏くさいことやり出す前に、そもそも、そういう価格帯のお店に行かないようにすればいいんじゃないの?
 いつも2人で平均5000円くらいって、まだ全然見直す余地がある金額って気もするし……、予算の上限があるなら、その範囲内でやりくりして楽しくやりゃいい、ってだけのことじゃないのかなぁ。
極端な話、値段にビクビクしながらカフェだのレストランだの行くくらいなら、いっそコンビニで思う存分買い出しして、公園にでも繰り出したりしたほうが、よっぽど豊かな気持ちで過ごせるんじゃないかと思うんだけど。
とにかく現状は、倹約するにしても中途半端だから、逆に貧乏くささが際立つことにもなっちゃってるんじゃないですかね。

スーパーで食材買っておうちで一緒に料理、とかでもいいんだけどさぁ。そのぶんいい肉買うとかしたほうが、きっと美味しいもん食べれるよ!
 ま、そしたらそしたで、今度は光熱費のワリカンが始まるんでしょうけど(笑)。

こばなみ:
そういえば、過去に彼氏の家賃代のうち2万円を払ってる方もいましたね。

逆にこっちからご馳走したらいいんじゃないですか?

宇多丸:
それはどうかなぁ。
フェアさにはこだわりがあるっぽい彼だから、そりゃ相応に奢り返してはくれるかもしれないけど、なんか押しつけがましいっていうか、内心間違いなく迷惑に感じるだけだと思うけどね。

さっきも言ったように、彼のケチにもきっと何か理由がある、もしくは彼なりの考え方があるはずなんだから、今後も彼と付き合い続けていきたいなら、まずはその点をちゃんと話し合って、お互いの理解を少しでも深めようとするのが先なんじゃないかなぁ。

その上で、とはいえ現状はあまりにもせせこましくて悲しくなってきちゃうって言うんなら、例えば、普段は私も一緒に倹約生活に協力するから、その代わり、月に一度はあなたのエスコートでちょっと贅沢な気分にさせてくれない?的な提案をしてみるとかさぁ。

なんにせよ、倹約っていうのがはっきり2人共通の目的になっていれば、さっき僕が言ったようなお金をかけないデートもそんなに苦にならない、っていうか、ちょっと楽しくなってきたりもしないかなぁって思うんだけど。

こばなみ:
2人で楽しめるんだったら、いいと思いますよ。でもやってみて、楽しめないんだったら、無理せずお別れすることも全然ありえる話だなって。

宇多丸:
それは結局、その彼のことを本当には好きになれなかった、ってことなんじゃないですかね。
だったらもちろん、無理して付き合い続けるのはやめたほうがいいよ。

でもじゃあ、僕みたいなクソ浪費家ならいいのかっていうと、それもまた別の問題が生じ得るわけで……、それだけ経済観念がシビアな人なら、例えば結婚相手としてはむしろ安心ってことかもよ?
 だってさ、普通は皆さん、家のローンとか抱えて、「やむなく」倹約生活してるんだよ! 
いい歳した大人が、毎月少ない小遣いのなかからなんとか飲み代をやりくりしたりして、ヒーヒー言ってるわけでしょ。
それをこの彼は、わざわざ好きこのんでやってるんだからさぁ。大したもんじゃないの! 
いずれにせよ、友達がどうこうみたいなことには、あんまり振り回されないようにしたほうがいいと思いますよ。
デートでお金を出してくれるっていうその男たちが、だからってちろりんさんの彼よりホントにいい男だなんて保証は、どこにもないんだしさ。

この彼のことを外側からケチだなんだって非難するのは簡単なんだけど、ちろりんさんにとっては、曲がりなりにもいったんは好きになった相手なわけでしょ? 
だったら、少なくとも一度は、彼側の言い分にも耳を傾けてみるべきなんじゃないかな~。愛想を尽かしたり強硬手段に出るのは、その後でも遅くないと思いますよ。
無論彼のほうも、ちろりんさんの不満を知った時点で、ソッコー誠意ある回答を返すべきなのは当然としてね。

ただなぁ……、最後にちょっと意地悪な見方を付け加えておけば、ちろりんさん、そもそもこの彼のことを、それほど好きってわけでもないまま付き合い始めちゃったのかな、って感じも少しするんですけど。
だって、好きになった人が会社を経営してて、なおかつなぜか極端な倹約に走ってたら、他人と比べて不満を感じたりする前に、普通はまず心配するんじゃないかと思うんですよね、さっき僕らが言ったようなことを。
まぁ、彼も別にお金に困ってるわけじゃないはずだというのを、ちろりんさんも知ってたからかもしれないけどさ。それにしたって、この人のやることなんだからひとまず好意的に受け取ってあげたい、みたいな姿勢がハナからあんまり感じられないから……。

どういう経緯でくっついたのか知らないけど、付き合ってまだ2カ月で、すでにもうお互いこんなテンションなんだから、ひょっとすると、これ以上の発展性は望めない関係なのかも、という気もちょっとしちゃいました。
だとしたら、見切りは早めにつけたほうがいいですよね……。

ということで、彼と正面から話し合ったりする前にまず、そんな労力を払ってまで、ホントにこの人と今後も付き合い続けたいのかどうか、ご自分の気持ちと改めて相談し直してみたほうがいいんじゃないでしょうか!



【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2015年11月7日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。



☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞