見出し画像

上司に大声で怒られると萎縮してしまい仕事に身が入りません。同僚には「あーいう人だから気にせず」と言われるけど……。【ライムスター宇多丸のお悩み相談室231】


✳️今週のお悩み✳️
こんにちは。いつも楽しみにしております。私は怒られるのが怖くてたまりません。といいますか、職場でとくに男性の上司に大声で言われると萎縮してしまい、そのあとも仕事に身が入らないのです。広告デザインの仕事をしているのですが、「どうしてこうなるんだ」「まだできてないのか」など責める口調が特徴というか。彼はやさしいときもあるのですが、気性が激しく、そういったことを私は割り切れないのです。そういう場合、上司に「もっと声を荒らげず言ってください。わかりますので」と言ってもいいのでしょうか。でもそれを言ってまたキレられたら、凹みますね……。仕事のスキルをあげれば言われなくなるのでしょうか。30名前後の会社なので、コンプライアンスを報告する部署などはありません。同僚に相談すると「あーいう人だから気にせず」と言われ、みんな精神が強いなぁと感心します。どうしていいかわからず相談しました。アドバイスをいただけると助かります。
(電気カーペット・32歳・東京都)


宇多丸:
大声でキツいこと言われたら怖いし萎縮しちゃうって、それはなにも電気カーペットさんに限った話じゃないでしょう。誰だって普通そうなるよ。

たぶん同僚のみなさんだって別に「精神が強い」わけじゃなくて、その上司側の人間性の問題だって考えることで、なんとか割りきろうとしてるだけでしょ。

彼が大声を出すたびに、みんな顔見合わせて、「はい、出たよ~!」みたいな。
ヤツのそういう無神経なところを、言っちゃえばみなさん下に見てるし、そこに関してお互いコンセンサスも取れてるっていう。
そんな調子で、とりあえずいちいち食らわないようにしてるってだけだと思うんだよね。

電気カーペットさんもさ、上司がまたわーって怒鳴ってきても、「きっとみんなもうんざりしてるだろうな」「ホントに孤立してるのはこいつのほうなんだ」って思えたら気が楽になるじゃん。

こばなみ:
そう思うと乗り切れるかも! 「はい、出ました~!」って思うだけで楽にはなれる。

宇多丸:
一度さ、「あーいう人だから」って言ってる同僚の人たちと飲みにでも行って、彼の悪口大会とかすればいいんじゃない?

でもやっぱり、わかっちゃいても、面と向かって大きな声出されたりすると、身がすくんじゃうのもわかり

ますよ。
そういう人、ホント嫌んなっちゃうよね……。

はっきり言って、パワハラの部類に入るような話でもあるわけじゃん。
実際、職場の士気を著しく削いでもいるわけだしさ。
なので、本当はスルーして済ますんじゃなくて、真正面から堂々と正してゆくべきことなのかもしれないけど。

コンプラ部門がないとのことだけど、だったら「その上司の上司」に直訴するとか?

こばなみ:
上から言ってもらうというのは効き目あり!ですね。

宇多丸:
もちろん電気カーペットさん個人が後で逆恨みされてもつまらないので、ちゃんと部署一同の総意というかたちをとったりして……、その意味でもやっぱり、なんにせよ一度職場の信頼できる方々と、この問題について話し合う機会は持ったほうがよさそうですよね。

ちなみに、その上司みたいな人はさ、自分が悪いことをしているとか、嫌な感じで見られているとかの自覚は、おそらくまったくないんですよ。
むしろ、自分側の正しさに疑いを持ってないからこそ、そういう居丈高な態度を当然のように取ってるわけで。

だから、「声を荒らげず言ってください」って直接言って、言ってみれば「問題を顕在化させる」というのも、ある種最も正攻法な戦い方なぶん電気カーペットさん側の心理的負荷も確実に高くはなるけど、全然ありはありだよね。

こばなみ:
私は会社では上司側の立場ですけど、主張されたらハッとしますね。
さすがに怒鳴ったりはないけど、注意することはもちろんあって、でも言い方とかがキツイとかって本人は気づかないですもん。

宇多丸:
意外と本人はわかってない、気づいてないって、本当にあるからね。

しかしホント、どんな状況であれ大声で怒るとかマジ勘弁してほしいよな……。
でもさ、逆に、キツいことを静かに丁寧に言われるのも、余計に怖いよね。
実は僕、わりとそういうタイプなんですけど……(笑)。

こばなみ:
それは怖い! でも、ふつうに言っていてそうなってるわけですよね?

宇多丸:
いやいやいや、思いっきり陰険なバイブスを出す気でやってますよ(笑)。

こばなみ:
きょえ~! 
まぁでも、言われて気づいたら、上司側もふつうはじゃあ私も言い方を気をつけようってなりますよ。だってよりよくやってほしいための注意であって、萎縮させるためではないわけですから。

宇多丸:
まぁ、その上司のためでもあるかもね。現状、陰で「あーいう人」扱いされちゃってるのも知らないわけだから。

こばなみ:
大声で言うって、向こうもビビってて、負けねーぞ!と勢いつけているのもあるのかなぁ。

宇多丸:
地声がでかいだけかもしれませんけど(笑)。

とにかく、まずは同僚のみなさんとコンセンサスを取っておくと、仮に結局具体的にはなにもアクションは起こさなかったとしても、だいぶ気持ちが軽くなるのは間違いないんじゃないですかね。
あるいは、万が一向こうが逆ギレとかしてきたとしても、援護射撃してくれたりするだろうし。

この件に限らず、自分が「なにこの人」って思ってるような人は、十中八九、周りにもそう思われてるもんですから。

こばなみ:
解決して、仕事に集中できるといいですね。今回は、上司側の私にとっても勉強になりました。気づいてないでやってることって、本当にありますから。そういった意味でも、きちんとコミュニケーションがとれる職場の環境をつくっていかねば!と思いました。


【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2018年3月31日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。




☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞