見出し画像

「自分も他人も信じきれない。疑いの芽が1つでもあると、彼とも別れたくなってしまいます」の、その後【ライムスター宇多丸のお悩み相談室_事後報告22】 

【事後報告(No.268)】

こんにちは。以前「自分も他人も信じきれない。疑いの芽が1つでもあると、彼とも別れたくなってしまいます」で相談に乗っていただいた、しまねこ。と申します。
まずは、お礼をさせてください。私のぼんやりとした相談に真摯に向き合っていただき、ありがとうございました。投稿する際に文章にすることで、自分が何に悩んでるのか、あらかたの整理はできた気がしていたのですが、宇多丸さんやこばなみさんのコメントを読んだことで、さらに「あ、私こういう暗闇で迷ってる(ように見える)のか」と客観視でき、自分が悩んでいる構造を捉えられた感覚になれたのは、私にとって、暗闇の中に一つの目印というか、悩みに向き合うときの基準軸を掴むことができたきっかけにもなり、さらに私が何に悩んでいるのかを考えることができました。
記事を何度も読んでしばらく自分の中でいろいろと考え、心理士さんのカウンセリングを受けました。そこでは、何でもない話から、言語化しにくい話、個人的な歴史まで話をし、私自身が私をどんなふうにつくってきたか考えることができました。「これだ!」というような体験をしたり、金言をもらったりすることはあまりありませんでしたが、自分の逃げてきた部分に向き合う時間になり、また私の日々の生活のしっかりとした支えになってくれたのは間違いありません。カウンセリングは、宇多丸さんに勧められたというのもあったのですが、自分なりの考えもあって、行くことを決めたのが良かったと思います。きっかけをくださり、ありがとうございました。
今はカウンセリングを卒業し、相談をしたときに付き合っていた問題の彼と結婚し、息子を1人授かり、育休を取りながら毎日子育てに奮闘しております。コロナ禍の中での出産、育児、慣れない土地への引っ越しなど、これまでいろいろと問題がありました。きっと当時の自分だったら一人で突っ走って自滅してきたと思うのですが、今となっては自分だけではどうにもできないという、ある種の諦めみたいなものがあり、また、何より、それらを乗り切るための答えは一つじゃないと知ることができたので、私個人の感想としては、カウンセリングを受けてとても良かったと思っています。
これからもいろいろな問題が出てくるのでしょうが、私なりの答えを探しながら、夫やいろんな人と協力しながらぼちぼちやっていこうと思っています。
毎回この相談室を楽しく読ませていただいております。休載の日もあっていいので、出来るだけ長く続けていただけたらな、なんて思います。
だんだん寒くなってきましたが、宇多丸さん、こばなみさん、お身体ご自愛ください。
(しまねこ。・28歳・大阪府)

宇多丸:
このコーナーが、どうやらホントにしまねこ。さんのお役に立てたというか、考え方をいい方向に変えるひとつのきっかけには間違いなくなったようで、僕らもすっごく嬉しいです!

そのうえ、連載に対する応援のお言葉までいただいちゃって……。

確かに最近、ちょいちょい休載をはさんでしまいがちで恐縮なんですが(汗)、そのぶん細く長く、続けてゆこうと思っておりますので!

実際、こういうお便りが一番の励みになりますよね~。

こばなみ:
はい! こうして事後報告をいただくと、やっていてよかったって本当に思います!

目指せ1000回!?
末長~く、よろしくお願いいたします!!



【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。

※日本ヒップホップ・シーンの正統が、伝統JAZZクラブに降り立つ日!
ライムスター「King of Stage at Blue Note Tokyo」が11/12に開催決定!

SOIL&”PIMP”SESSIONSにRHYMESTERを添えて「初恋の悪魔 -Dance with The Devil-」(日テレ系ドラマ『初恋の悪魔』最終章テーマ曲)が発売中!

※ワンマンライブの新シリーズ「ライムスターインザハウス」やその他のライブ情報は
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。



☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞