見出し画像

年収が少ないので貯金がありません。彼氏にはあきれられ、結婚するのも気が重い……。【ライムスター宇多丸のお悩み相談室38】


✳️今週のお悩み✳️
付き合って2年目の同い年の彼と、結婚しようかという話になって、とってもうれしかったのもつかの間。私に貯金がないことであきれられてしまいました。彼は、実家暮らしで、私より年収が良いので、それなりに貯金があるようです。私は、ひとり暮らしで年収も少ないので、貯金と言えるほどのものはありません。
先日、そのことで彼に「結婚してもお財布は任せられない」と冗談まじりに言われ、悲しくなって泣いてしまいました。ムダ遣いしてきたわけでもないし、ほぼワリカンでデートして、収入が少ないなりに頑張ってきたのにひどい!と思い始めたら、私の家に泊まりにくる彼にもイライラするようになってしまいました。
彼氏はブライダルフェアに行こうと言ってきますが、また貯金のことで何か言われそうで気が重いです。このまま結婚して大丈夫でしょうか?

(しおこんぶ・28歳・東京都)


宇多丸:
これ、しおこんぶさんが特にお金にだらしないわけでも、逆に彼のほうが特に経済観念のしっかりした男ってわけでもなくて、要は彼が二人の収入格差についてまったく無頓着、って話だよね。貯金問題ってよりは、彼の無神経問題っていうか。
「泣いてしまいました」ってあるけど、彼の前で泣いたのかな? 彼にちゃんと気持ちは伝わってるのかな?

こばなみ:
「冗談まじり」で言ってきてるわけだし、きちんと説明してないなら、仮に彼の前で泣いてしまっても、伝わってないんじゃないですかね……。

宇多丸:
でもね、実は僕、この彼のことを他人事みたく批判する権利は、あんまりないんですよね。
というのは、大学生の頃だけども、同じようなことで当時の彼女に泣いてキレられたこと、一回だけあるんで。

そのとき付き合ってた相手は、地方から出てきた一人暮らしで、家からの仕送りとかにも頼らず、それこそ毎日バイトしながら一生懸命勉強もしてって感じで、いま思えば結構な苦学生だったんだよね。
一方、僕は東京の実家暮らし、つっても裕福とかってレベルでは全然ないんだけど、それでも彼女にくらべれば明らかにお金に余裕があった。

もちろん僕も彼女のこと、いつも大変だな~偉いな~とは思ってたけど、やっぱホントの意味ではその苦労がわかってないところが、思いっきりあったんだろうね。
たぶんなんか無神経なこと言ったんだと思う。あるタイミングで、「あなたと付き合うのは(経済的に)楽じゃないってわかってる?」的な感じで、泣き出されて。
そのときは僕も若いから、「なんでいきなりキレてんの?」みたいに依怙地になって言い返しちゃったけどさ。後年、ものすごく反省しましたよ。なんか俺、ダメだったな~って。

こばなみ:
一人で暮らしてみてわかるようになりました?

宇多丸:
多少はね。
とはいえ、東京に実家があることから来るある種のお気楽感みたいなものは、やっぱりそうそう抜けるもんじゃないんじゃないかな、という気もするんだけど。

とにかく、だからこの彼のことも、ちょっとだけわかる気がするんですよ。確かに無神経だなって思うけど、悪し様にも言えないっていうか、他人事と思えない……。
間違いなく彼は、そういう格差があることにも、そこにしおこんぶさんが悩んでいることにも、現時点では気づいてすらいない。なぜなら、言われたことがないから。

でも、しおこんぶさんや僕の昔の彼女がなんでそれまでそういう話をしなかったかと言えば、「お金ない」ってことを引け目にしたくもなかったからだよね、きっと。
だから頑張ってそこが気にならないように努力もしてきたのに、何かしら僕らの心ないひと言をきっかけに、「こいつ、マジでそこ配慮ゼロかよ!」、で、張りつめていた糸がプチーン!と……。うう、胸が痛い……。

とはいえ、その相手と真剣に、末永く付き合っていくつもりなら、何の問題であれいつまでも先送りにしてばかりもいられないでしょう。
今回の「経済格差」みたいに、持ち出せば確実に揉めるような重大な件ならばなおさら、早めにちゃんと話し合って、クリアにしておかないといけないはずじゃん?

こばなみ:
このまま結婚しちゃったほうが辛いですもんね。

宇多丸:
そうだね。
しおこんぶさんのケースに限らず、ひとたび結婚というものを意識し始めるとさ、相手の実家の経済状況とか、人によっては家業をつがなきゃいけないとか、とにかくそれまでの関係では話題にも上らなかったような要因がやおら浮上し出す、ということは当然ありますよね。

その意味では、実はこの彼のほうこそ、どっちかって言うと「お財布は任せられない」タイプですよね。
だって、前の相談で彼氏に家賃2万円を払ってるって話があったけど、この彼もよく泊まりに来てるんでしょ?
 だったらせめて光熱費やら食費やら、彼もそれなりに負担してくれても良さそうなもんだけど……、そういう配慮もまるでないくせに、上から目線で「貯金ないのぉ?」って、悲しくもなるよね、そりゃ。

こばなみ:
それと宇多丸さん、ワリカンってどう思います?

宇多丸:
そりゃ相手との関係や場合によりますよ。
気の置けない友だちとだったらまぁワリカンだろうけど、あんまり細かい単位まできっちり割って、チマチマ出し合ったりするのは嫌いかも。
僕は他の人よりお酒をいっぱい飲んでいることが多いので、そのぶんということでざっくり多めに出して済ますことが多い気がします。余ったら二次会にまわして!って。

お客や後輩がいるときは丸ごと出しちゃうこともあるし……気前はいいほうだと思うんですけどね。ただ、奢りも場合によっては失礼になっちゃったり、嫌がられたりもするからね。難しいですよ。

それこそ前に、散々奢られたあげくに口説かれて、イヤな感じなんですけど~!って相談があったじゃん。あれは要するに、無用の借りは作りたくない!って話だよね。
一方では、男のくせに奢らないなんて、ケチ!っていうパターンだって全然あるわけで。
そのへんどうよ、こばなみは?

こばなみ:
でも年上だったり明らかにお金持ちっぽい人だったら……、せめて多く出すとか、そういうのがないとえー!って思っちゃうかもしれません。

宇多丸:
じゃあ逆に、同世代にここは出すよって言われたら?

こばなみ:
じゃ、私2軒目は出しますよ、とかですかね。もちろん、ワリカンにしましょうって言うときもあるけど、あまりしつこく言うと、それもそれで、好意を無駄にするというか、プライドを傷つけることもあるのかなって。なので、ごちそうさまです!って言いつつ、2軒目とか次回とかにさささっと自分で会計するとか。

でも、自分が出すぞってときに、なんもせず平気な人とかもなかにはいますよね。財布を出す素振りもないというか。

宇多丸:
一応、バックに手を入れるフリくらいしてほしいよねぇ!

こばなみ:
あと、会計のときにまごまごするのが嫌じゃないですか?

宇多丸:
それわかる! 
明らかに超混み混みで店員もてんてこ舞い、みたいなときに、レジのところに並んで「お会計、一人ずつでお願いします」とかやってるやつらとかさ~。マジでイライラする! 
こういうときは誰かがまとめて払っておいて、後からざっくり回収とかすればいいだろ!

こばなみ:
それに飲み会に遅れてきたことをいいことに、毎回絶対にお金を払わない女子とかいますよ。あんまり飲んでないからいいっちゃいいのかもしれないけど、でもそれこそ払う素振りもないというか……。あ~! 
話、反れました。すみません!

宇多丸:
とにかくまずは、しおこんぶさんのこれまでの経済状況を彼に正確に理解してもらわないと。だってあなたたち、結婚するんでしょ?

彼が本当に結婚するに値する相手であれば、これまでの自分の無神経を詫びた上で、例えばブライダルのやり方にしたって、しおこんぶさんの負担にならないように一緒に考えていこうよ、ってことに当然なりますよ。
この2年間、しおこんぶさんは背伸びをしながら彼と付き合ってきた。
でも、それはこれ以上長続きしない、というのもまた明らかなわけで。
そこで、無理させてすまなかった、もうそんな必要はないんだよ、と優しく言ってくれる彼であることを祈ります……マジで!


【今週のお絵描き】

ワリカンでもいいけど、混んでるレジで
「お会計、一人ずつでお願いします」とかやってるのはどうなの?


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2014年4月5日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。



☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞