見出し画像

損得勘定にモチベーションを支配されています。とにかく結果を得たい……、焦燥感が消えません。【ライムスター宇多丸のお悩み相談室246】


✳️今週のお悩み✳️
損得勘定にモチベーションを支配されています。気づけばこうなっていました。外食してトムヤムクンを食べれば、「トムヤムクン 効果」。ちょっと掃除したら「掃除 効果」でググり倒します。メリットを見て悦に入らないと私の行動に完璧に満足できません。彼氏にも「私が◯◯してあげた。だからこれくらいされなきゃだめなはず」とか。逆に自己嫌悪してるときなんかは「私と接したことでこの人に億万の損失……、滅私奉公しなければ」とか友達に対してすら思ったりします。勉強や何かを始めるのも効果がすぐでないと時間がもったいない気がして投げ出し……、とにかく結果を得た気になりたくて焦りまくってなにもできません。浅ましいと思いつつ焦燥感が消えなくて。どうしたらいいでしょうか……( ;∀;)

(Solo晩・22歳・大学生・東京都)


宇多丸:
「トムヤムクン 効果」「掃除 効果」で検索って、それはそれで面白いからいいじゃん、と僕は思っちゃいましたけど(笑)。
そもそも掃除はそれ自体が「効果」だろ!っていう(笑)。

そうやって、「効果マニア」として自己完結しているぶんには、別に害はないしいいんじゃないですか、という感じですけども。
なにか「効果が上がってる!」と感じるたびに気持ちよくなれるんだったら、それ自体は悪いことじゃないじゃん。
はたから見て、それが本当に「効果的」なのかは別として(笑)。本人がいいならいいんじゃない?

テレビや雑誌でやってる節約法とかもさ、それで本当に家計が助かってるのか、みたいなことはまた別問題で、それ自体がエンターテインメントになってるわけじゃん。

あとはたとえば、あそこのスーパーが安い!で大喜びしてるわりに、交通費余計にかかってるんですけど(笑)みたいな話も、それは要は「ちょっとでも安く買うというエンターテインメント」ってことじゃん。

なので、そのくらいでライトに楽しんでるぶんには別に問題ないんじゃないかと思いますけど。

ただ、Solo晩さんは若いから、たとえば「一見無駄だと思ったものが、めぐりめぐって効果をもたらす」というような経験の積み重ねがまだ少なくて、より目先のプラスマイナスにばかり気がいっちゃう、というような面はあるのかもしれない。

やっぱり歳を重ねてくると、あのときのあれは実は無駄じゃなかった!ということがいっぱい出てくるじゃん。
家でずっとごろごろしてた時期にやってたことや吸収したことが、あとからなにげに効いてくる、とかさ。
完全に無駄だと思っていたものが、なにかに生きてくる。

こばなみ:
あるある!

宇多丸:
なのでこれは、まだお若いから、というだけのことなのかもしれない。

ただ、生身の人に対してあまりに損得勘定ベースで接するのはちょっと……、ここが唯一の問題だよね。

特に、「私はこれくらいしてあげたんだから、相応の見返りがあって当然」的な考え方を実際のコミュニケーションにも適用しだすと、以前の相談でも近いのがあったけど、それこそまさに、世に言う「押しつけがましい」というやつになっちゃう。

こばなみ:
普通、見返りのために人と接しているわけじゃないですよね。

たまに「あの人は付き合うメリットがある」とか言う人はいるけど、それってなんか気になって。
逆にそういう視点で、自分が付き合うメリットある/ないで判断されていたら嫌じゃないのかな、とは思うけど。

宇多丸:
とは言え、なにをもって「メリット」とするか、という話もあるよね。
メリットという言葉は使わなくても、たとえば「この人と会ってると楽しい」「この人といると勉強になる」、逆に「あいつ話がつまんねえから正直いちいち会う時間とりたくない」とか、そういうのだって損得勘定っちゃ損得勘定じゃん。
つまり、誰だって基本メリット/デメリットを考えて動いてるのに変わりはない、とも言える。

誰かになにかしてあげたら、見返りをちょっと期待してしまうというのも、まぁ人情として自然なことだろうし……。
たとえば、パートナー同士なのに、片方だけ誕生日プレゼントを毎年あげ続けてて、お返しがまったくないとしたら、さすがになんなのアンタ!ってことにはなるよね。

こばなみ:
私、それそれ!
 あげてるのにくれないってことあります(笑)。

宇多丸:
それってどういうこと? 
極度に気が利かないとか?

こばなみ:
それもあるけど、そう言ったら、ごはん奢ったからトントンじゃん!みたいな。
でもそれとは別でプレゼントが欲しいんだよ!とは言いましたけど。

宇多丸:
なるほど。
救い難いヤボテンではあるけど、彼なりに理屈があるのはわかった(笑)。

だからやっぱ、これに対してはこのくらいでトントンだろ、っていう尺度がそれぞれ違うだけで、本質として損得勘定で動いてない人はいない、ってことじゃないかな。

むしろ問題は、その尺度の違いを明確にしないまま互いにイライラを溜め込んでることでしょ。
こばなみの件じゃないけど、相手に不満をもってるときは、口に出して表面化させる以外に解決法なくない?

「私が◯◯してあげたのに、あなたは……」って言うからこそ、「いや、僕は◯◯したじゃん」とか、「ごめん気づいてなかった!」とか、なんにせよ次の展開へと進めるわけだから。

こばなみ:
Solo晩さん、今現在は自分のなかで思ってるんだけなんですよね。

宇多丸:
一方的に不満を溜め込んで溜め込んで、あるときまた一方的にドーンと吐き出すだけだと、どんな相手だって「え? いきなり?」ってなるしかないからね。

というわけで、少なくとも彼氏に対しては、思うところがあるなら普通に口に出して伝えてみたらどうですかね。
それでケンカになっちゃったとしても、それもまたひとつの前進!と思えるようならば。

とは言え、さっきも言ったように誰だって大なり小なり損得勘定で動いてるのには変わりないんだから、ふだん内心で思ってるぶんには、そこまで気に病むこともないんじゃない?
 マザー・テレサじゃないんだから……、いや待てよ、マザー・テレサだってさ、人に善行をほどこすと嬉しいとか信仰的にアガるとか、やっぱなんかしらの「メリット」があるからやってるんだろうからな。

こばなみ:
無感情の人以外、誰もが自分のメリットを考えてるってことですね。

宇多丸:
まぁとにかく、僕はその「効果マニア」って、面白くて好きですけどね。
セコさ含めて(笑)、なんか人間くさくて、可愛いと思いますよ!



【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2018年8月11日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。




☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞