見出し画像

彼の行為が力強すぎて痛いんです。傷つけない伝え方はありますか?【ライムスター宇多丸のお悩み相談室88】


✳️今週のお悩み✳️
私には付き合って1ヶ月がたつ3つ年上の彼氏がいます。付き合ってから3度ほど関係を持ちましたが……、まったく気持ちがよくありません。前戯がすべてガサツというか、力強すぎて痛いんです。伝えたくてもプライドを傷つけてしまいそうで、でも私も痛いのは嫌なのでそれとなーく、甘える感じでやんわり伝えてはいるのですがかわらないのです。まだ1度もいけていません……。まだ3回、これから長い目で見てみようとも思うのですが、ついつい今まで付き合ってきた人と比べてしまいます。彼のことが好きだから一緒にいたいし、彼に気持ちよくなってほしい思いもあるんです。でも、そういう行為を彼としたくなくなってきつつあります。わたしはどうしたらいいのでしょうか? このまま我慢するべき? 伝えるならどうやって伝えるといいのでしょうか? 友達にもなかなか相談できる内容ではないので悩んでいます。アドバイスよろしくお願いします!

(ゆーみん・28歳)


宇多丸:
前の「彼が初めてなんですけど、どうしよう?」って相談に、僕は男の立場から「とにかく彼のプライドを傷つけないようにしてあげて!」と答えましたけど、今回のゆーみんさんなんかホント、自分がキツいのを差し当たっては我慢してでも、そこには気を遣おうとしてくれてるわけだからさ。ありがたい彼女ですよ、男性にとっては……。

とはいえ、ゆーみんさんだけが「このまま我慢」でいいわけもないからね、もちろん。 関係を維持していくならやっぱり、なんとかして彼にわかってもらって、出来れば改善されていってほしいところですよね。
しかしこれ、男ならきっと、大なり小なり身につまされる話じゃないかなぁ。

たぶん彼だってね、痛がらせるつもりは毛頭ないはずなんですよ。
むしろね、これは恐らくだけど、ゆーみんさんを悦ばせたくてやってることが全部裏目に出てるだけ、って可能性が大なんじゃないかと思うんですよね。
じゃあなんでそんな勘違いをしてしまうかと言うと……、それはつまり……、あの……その……。

こばなみ:
ハッキリ言っちゃってください!

宇多丸:
女子部JAPAN(・v・)にしてはかなり露骨な話になるかもだけど、覚悟していただくってことでいいスかね……。

こばなみ:
なかなか友達にも相談できないことだし、今日は(も!?)包み隠さずいきましょう!

宇多丸:
じゃあ言うけど、ぶっちゃけ、アダルトビデオの影響だと思いますよ!
 今はもう、僕が思春期の頃からすると考えられないくらい、実際にそういう行為をしている映像が、そこらじゅうで普通に観れちゃうわけじゃん?

そしたら当然、特に実地で体験する機会がそんなにないような段階だと、そこから学ぶしかない、ていうかそれが現実の「正しい」やり方だと思っちゃうような人も、いっぱい出てくる。

でもやっぱさ、AVは基本、画ヅラを派手にしなきゃなんないから、実生活でやるにはちょっと過剰なようなことも、実はいっぱいやったりしてるわけですよ。
たとえば、それこそ前戯で、ものすごーく激しく指を動かしたりとかさ。当然のようにそれに対する女の人の反応も、わかりやすく激烈なものになってたりして……、あの、皆さんも聞いたことあると思うけど、「潮吹き」的なことですよ。

とにかくそういうのが、いまどきのAVではわりと標準装備的なプレイだったりするからさ。いざ実際にコトに及んだときに、むしろ相手を満足させたいという一心で、自分でもそれを真似ていきなりガシガシ強めにいっちゃう、みたいな男が後を絶たないっていうのも、まぁ無理からぬ話ではあると思うんだけど。

ところがそれが女の子からしたら、素人テクで乱暴にされて痛いだけ!というね。ガクーッ!
 男としては情けない限りだけど、すっごくよく聞く話だし、正直自分もそういう醜態と完全に無縁とは、胸を張りきれないところがある。
てか、オレも似たようなことやらかしちゃったことある!って男、結構多いんじゃないかな~。

こばなみ:
ほっほー。

宇多丸:
なので、ひょっとするとゆーみんさんの彼氏も、その症候群なのかもしれないなと。
30歳越えてそれ、ってことだとしたら、ちょっと奥手なほうなのかもしれないですけどね。

はっきり言えば、現状彼は明らかにヘタ。
この場合のヘタってどういうことかと言うと、相手の反応を見れてない、読めてない、感じ取れてないまま、手前勝手にコトを進めてるってことだと思うんですよね。
不器用とか以上に、要は鈍感ってことが大きいんじゃないかと。

で、そういうレベルの人に「甘える感じでやんわり」言っても、それはなかなか伝わんないかもしれないですよね。
下手すりゃ「これが世に聞く、“嫌よ嫌よも好きのうち”ってヤツかぁ~?」とか、さらにどうしようもない勘違いするだけだったりして。
実際女の人のあえぎ声と悲鳴って、区別しづらくないですか?……ってオレも同レベルか!

とはいえそういう奥手な野暮天だからこそ、言い方を間違えると男としての自信を一気に喪失して、その後は文字通り使い物にならなくなってしまいかねないですから……、ホント、めんどくせーよなぁ。
めんどくさいけど、二人でやることでもあるんだから、もうちょっとだけ協力して!

ならじゃあ、どう伝えるべきか? 
僕、これには妙案がありまして。
「痛い」ときには、そのまま言うのではなく、「ちょっと強すぎるの……」などと言い換えてみてください。

こばなみ:
それは傷つかないんですか?

宇多丸:
アホみたいだと思うだろうけど、「強い」って、男の中では無意識下でプラスに響く言葉ですから!

「そうか、オレが“強すぎる”ってか……、ならばちょいと手加減してやろうかい……」的に、要は自分の能力が「足らない」のではなく、逆に「ありすぎる」ためだと思えれば、メンツが損なわれることもなく、むしろ悪い気はしないくらいなので、素直に行動を改めることができるっていう……、いやだから、アホすぎるのはわかってますって!

でも実際これで、彼のプライドをいっさい傷つけることなく力を緩めさせるってことが、手早く実現できるんじゃないかと思いますよ。

さらに、彼をこれからもっとゆーみんさん好みに「教育」していくのなら、たとえば「あなたには、ここをこうしてもらうだけで気持ちいいの……」的な「指示」の出し方をするようにしてみてはいかがでしょうか。

これ、察しの悪い彼にもきっちり伝わるように内容はあくまで具体的なんだけど、「ありあまる強さを持ったあなただからこそ、この程度で十分気持ちいいのだ」という、要は彼の自尊心をくすぐるニュアンスもそれとなく入れ込んであるのがポイントです! 
大喜びで従ってくれますよ、きっと。

こばなみ:
もう、かなりの割合で満足してるよー!というポジな方向の言い方なら、傷つかなそうですね。

宇多丸:
ただねぇ……、これまで言ってきたようなことを丸ごとひっくり返すようだけど、「指入れるのは痛いかな」くらいは別に、普通に言ったっていいんじゃない?とは思いますけどね。

僕の予想通りこれまでも実は彼なりにゆーみんさんを悦ばそうとはしてたんなら、そして彼がこれからも付き合うに値する人であるなら、絶対に「あっ、そうだったの? ごめん!」っつって、改めてくれますよ。

万が一それでもまだ無理にグリグリやってくるようなヤツだったとしたら、人としてアウトなので、とっとと別れたほうがいいよ! 
なんにしてもさ、いいセックスって、いいコミュニケーションが取れてる状態、少なくとも両者そう思えてる状態のことだと僕は思うんで。

その意味ではお二人、まだまだお互い探り合いで、ギクシャクしがちなのもしょうがない段階って感じがするんですよね。

付き合って一ヶ月、やったのもたった3回。まして彼は、恐らく経験がやや不足してるようでもあるし……、なんてことは、彼には絶対言っちゃダメだけど! だからゆーみんさん側も、彼とのコミュニケーションを諦めてしまうのは、まだちょっと早いんじゃないかな~って気がします。
これからどんどん、互いに教え合って、さらけ出し合って、高め合っていけばいいじゃん!

ま、そのうえでなお、相性の良し悪しみたいなものがどうしても出てきてしまうってこともあるかもしれないけどね……、そのときはそのとき!



【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2015年3月21日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。



☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞