見出し画像

週1ペースで会いだして1ヶ月。そんな彼に「今、付き合うのはヤダ」と言われて……。【ライムスター宇多丸のお悩み相談室64】


✳️今週のお悩み✳️

合コンで知り合った彼と食事デートし、その一回目のデートで彼の部屋に泊まりました。ぶっちゃけ、一回こっきりで終わったことが過去に一度あったので、今回もこのパターンかなと思っていたのですが、「また会おう」と彼の方から言われ、それから週1ペースで会うようになりました。外で食事したり映画を見たりもしてますが、基本は彼の部屋で過ごしてお泊まりです。会いだして一ヶ月たった時、「来月試験があるのでそれまで会うのを控えたい」と言われました。このまま曖昧なまま一ヶ月空くのはちょっと不安だな、と思い、思い切って「わたしたちってセフレ?」「真面目な関係?」「遊び?」と聞いてみました。彼は最初はぐらかしていたのですが何度か尋ねると「セフレでないし遊びではなく真面目なつもり、でも今付き合うのはヤダ」と言われました。わたしはその「ヤダ」の響きにガーンときて「またきてね」「また連絡ちょうだい」という彼の声を無視して逃げ帰ってしまいました。少し間を置いてみると、結論を急ぎすぎたかなと思ったり、でもわたしは結構彼のことが好きになっていたのでこれ以上曖昧な関係は辛いなと思ったり……。彼はその後連絡をくれたりしますが、仕事と勉強が忙しいようで会ってはいません。連絡をくれるのが嬉しいと思う反面、これってキープしたいだけなんじゃ、ここで優しく応じたら都合のいい女扱いされるんじゃと思いそっけない返事をしてしまいます。今付き合いたくない相手とは結局いつになっても付き合いたくはならないような気がするのですが、どうなのでしょう。これは彼を待ってもいいのでしょうか?

(ももこもこもこ・33歳)


宇多丸:
ちょっと前の回で、大人になると、別にちゃんと付き合うって契約チックに決めてから深い関係になってくってわけじゃなくて、親密になってくうちに自然に体の関係にもなっちゃって、気がつくと「事実上付き合ってる」感じになってるってパターンが多いよねって話をしたけど、今回はまさにその先のステップの問題ってことだよね。

会いだしてから1ヶ月、週1ペースってことだから、実はまだせいぜい4回か5回しか会ってないってことになるけど。当然、関係性はまだ全然不安定だろうね。

こばなみ:
最初は彼の方から「また会おう」と言ってきて、自分の気持ちが盛り上がった頃に「今は付き合うのはヤダ」みたいに言われてしまって、おいおい、なんだかなーって気持ちもあるんですかね。

宇多丸:
途中でハシゴを外されたような気分ってことですかね。
でもさ、「ヤダ」って言い方は配慮がなさすぎるにしても、1ヶ月くらい待つのってそんなに問題かな~?

だって、大事な試験や仕事があるから集中したいって時期なんて、別に誰にでもあるでしょ?
だからってこの彼は、放っておきっぱなしってことでもなくて、連絡とかも一応ちゃんとくれてるわけだしさ。

それよりももこもこもこさんはさ、彼が「来月試験があるから」って言ったとき、まずは「頑張ってね!」って言ってあげた? 少なくとも、そういう気持ちにちゃんとなった?
 この文面を読む限り、そうやって彼のことを気遣うより先に、「1ヶ月も待たすだなんて、アタシのことどう思ってるの?」って方向、要は自分の心配にばっかり気が行っちゃってるように見えるんだけど。
つまり、彼のためを考えてあげるより先に、とりあえずナメられてたまるか!ってことのほうが先に来ちゃってるっていうかさ。
この彼のこと、ホントに好きなのかな?って感じさえしちゃうんだけど。

こばなみ:
好きだけど、「ヤダ」と言われたりで、自信が持てない……ってこともありますよね。こういう状況ってドキドキはしますよね。彼が本当はどう思ってるのかがわからなくて。で、ハッキリさせたらスッキリするかと思って聞いたら、裏目に出たパターンですかね。でも、「真面目なつもり」と言ってるのだから、少し信じて待ってみてもよかったのでは?

宇多丸:
ひょっとしたら彼は、ホントに今はその試験のことで頭がいっぱいなだけで、少なくとも現時点では「付き合う」って言葉に見合うようなテンションで会い続けることはできないのもはっきりしてるから、その意味で単純に正直に「今は無理」って言ったんじゃないの? 
そこでの彼の言い方がデリカシーに欠けてたり、「最初はぐらかしていた」ってことだから、若干誠意に欠けていたのは確かかもしれないけどさ。

でも、曲がりなりにも好きな人が何かを達成するために1ヶ月頑張るって言ってるんだったらさ、僕はやっぱり、もうちょっと素直に応援してあげなよって思っちゃうな~。
で、「終わったら二人で一緒にお祝いしようよ!」とかさ。全然いい感じに持ってけたはずじゃん。

僕自身の場合で考えてみてもさ、例えばレコーディングで悩んでる時期とか、大舞台が控えてるときとかってさ、単純に忙しいからパートナーとゆっくり過ごすような時間も全然取れないし、なんならすごくナーバスになってて常にピリピリしてたり、嫌な思いさせちゃうことも多いと思うんだけど……、そういうときだからこそさ、「オレが大変なときにちゃんと応援してくれた人」なのか、「オレが大変なときに限ってテメエの不満ばっかり主張してきて足を引っ張るヤツ」なのかが、重大な分かれ目になってくるわけですよ!

これ、女の人だって同じことでしょ? ももこもこもこさんだって、ご自分がクソ忙しいときとかに置き換えてみればわかると思うんだけど。

恋愛初期ってどうしても疑心暗鬼になりがちだし、ちょっとしたことでクヨクヨしちゃったり、悪く受け取りがちだったりするのはわかる。
でも、大人同士なんだったらさ、そこはやっぱり、相手の事情とかペースをまずは尊重してあげる、ってことが大事なんじゃないのかな~。

こばなみ:
たしかに、彼の気持ちになってみると、なにか超えなきゃいけないモノがあって忙しくしているわけですよね。その状況で連絡もしてるのに……。

宇多丸:
逆に言えば、一番ポイントを稼げる場面だったのにね。

「そうなんだ! じゃあ、頑張んなきゃね! ちょっとさびしいけど、私も応援するね! 私にお手伝いできることがあったらなんでも言ってね……、で、終わったら一緒にお祝いしよ!」、これで決まりですよ!

でも実際には、逆上して帰っちゃったっていう。
大失態もいいとこだよ!
 脱兎のごとく逃げ帰ろうとするももこもこもこさんの背中に、「またきてね」「また連絡ちょうだい」とか妙にのんびりした言葉をかけている彼っていうのも、想像するとなんか笑っちゃうんだけど。

とにかく、普通だったら結構ムカかれててもおかしくないことしてると思うけど、この彼はその後もちゃんと連絡くれてるわけじゃん? だから、相当優しい、鷹揚な人なのは間違いないと思いますよ。
「キープしたいだけなんじゃ」って、仮にそうだとしても、まだそう思ってくれてるだけありがたいと思えよ!ってくらい、いきなりバーンと帰るのは僕的にはかな~りアウト行為ですね……。

しかもさ! 
ももこもこもこさん、そのせっかくの連絡にさえ、またしてもナメられてたまるか問題優先で、「そっけない返事」なんてことしてるわけ!
 もともと彼がどう思ってたかとは別次元で、そんな感じ悪い人とは、誰も付き合いたいと思わないと思いますよ、普通!

恐らくだけど、ももこもこもこさん、ここに来るまでに男でちょっと痛い目に遭い過ぎてて、いざ新しい相手と関係を築いていこうっていうときにも、どうしてもまずは防衛的になるクセがついちゃってて……みたいな感じじゃない?

気持ちはわからなくもないけどさ。もう少し余裕を持って、さっきも言ったように相手の事情やペースも汲み取ってことを進めてゆかないと、結局恋愛対象を常に「敵」みたく扱うことになっちゃって、それじゃやっぱり本当にいい関係性、それこそ「愛」を育むような仲には、なかなか発展してゆかないだろうと思うんですよね。
前も言ったけど、「愛することは信じることでそれ以外の方法はない」(映画『カジノ』より)ってことだからさ。

こばなみ:
今から逆転ゴールできますかね?

宇多丸:
この「1ヶ月後」っていうのがどの日付からなのかがわからないから、下手するともう彼の試験は終わっちゃってるのかもしれないけど……。
まだなんだったら、メールでいいから、今までのそっけない返事の理由を素直に明かしてちゃんと詫びた上で、改めて、本当は心から応援してるんだという気持ちを伝える。まずはそれしかないよね。
もし終わっちゃってても、とりあえずお疲れ会を開いてあげればいいじゃん。
で、そこでもやっぱり、すべてを素直に、正直に彼に伝えること。もう、それに尽きますよ。

なんにせよ、防御的な態度、カッコつけをいったん捨てて、とにかく「素直になること」こそが今のももこもこもこさんには一番必要、ってことかもしれないですね。
相談文を読む限り、どう考えても駆け引きが上手くできるタイプじゃないんだからさ!

それ以前に、彼のことがホントにそこまで好きなのか?ということも、ナメられたくないとかいう損得勘定抜きで、改めて「素直に」、自分の気持ちと向き合ってみるべきかもしれませんけど。


【今週のお絵描き】


*** *** *** *** *** ***
この記事は、女子部JAPAN公式WEBで2014年10月4日に公開したものを再編集し、掲載しています。


【全国書店やAmazonで発売中】
「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中!
執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!
★詳しくはこちら


<プロフィール>

ライムスター・宇多丸
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(毎週月曜日から金曜日18:00-21:00の生放送)をはじめ、TOKYO MX「バラいろダンディ」(隔週金曜日21:00~21:55)など、さまざまなメディアで切れたトークとマルチな知識で活躍中。
※ワンマンライブの新シリーズ
「ライムスターインザハウス」や
その他のライブ情報は
こちら
※シングル「世界、西原商会の世界! Part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND」が配信中! Victorサイト限定CD盤もリリース!
詳しくは
こちら


女子部JAPAN(・v・)こばなみ
2010年、iPhoneの使い方がわからなかった自身と世の中の女子に向けた簡単解説本「はじめまして。iPhone」を発行し、「iPhone女子部」を結成。現在はコミュニティ&メディア「女子部JAPAN(・v・)」として、スマホに限らず、知りたいけど難しくて挑戦できないコトやモノをみんなで一緒に体感する企画を実施。最近はフェムテックなど、女性ならではのコンテンツを発信中。



☟☟☟ 新着記事情報はTwitterでお知らせしています ☟☟☟
よかったらフォローお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます!! 新着記事はX(Twitter)でお知らせしています☞