F30プロジェクト〜リーダーとして働く女性へ〜 by女子部JAPAN

わたしたち(Female)が、前(Forward) へ、未来(Future)へ。F30(えふ さんじゅう)プロジェクトは、「女性活躍推進」の先を見すえ、リーダーとして働く女性と2030年まで駆け抜ける取り組みです。血の通ったリーダーの経験や思いをnoteで届けています。

F30プロジェクト〜リーダーとして働く女性へ〜 by女子部JAPAN

わたしたち(Female)が、前(Forward) へ、未来(Future)へ。F30(えふ さんじゅう)プロジェクトは、「女性活躍推進」の先を見すえ、リーダーとして働く女性と2030年まで駆け抜ける取り組みです。血の通ったリーダーの経験や思いをnoteで届けています。

    マガジン

    • ライムスター宇多丸のお悩み相談室

      恋愛、結婚、仕事、コンプレックス、汚部屋問題から社会問題まで、毎週イラスト付きでライムスター宇多丸さんが真摯に解答(聞き手・小林奈巳)。10年目を迎える連載企画、お悩みも募集中! ※お悩みの応募はこちら(ニックネーム、年齢、都道府県、職業を記載してください) https://www.iphonejoshibu.com/11104 ※「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、書籍は幻冬舎から発売中 https://onl.sc/Ej2yMS9

    • 課題解決!ケーススタディ帳

      働く女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションを取材したケーススタディ集。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けています。

    • 気になる企業とDE&Iトーク集

      「2030年に“女性活躍”の言葉がなくなるには、何が必要?」DE&Iに取り組む企業の担当者にあれこれインタビュー。理想論やきれいごとで終わらない、血の通った思いや視点が覗けます。

    • 働くわたしたちのフェムケア考

      働く女性ならではのカラダとココロの健康課題を解決するためのノウハウ集。生理や更年期との付き合い方から、女性社員の健康管理まで、医師や専門家のノウハウを交えてお届けしています。

    リンク

    ライムスター宇多丸のお悩み相談室

    恋愛、結婚、仕事、コンプレックス、汚部屋問題から社会問題まで、毎週イラスト付きでライムスター宇多丸さんが真摯に解答(聞き手・小林奈巳)。10年目を迎える連載企画、お悩みも募集中! ※お悩みの応募はこちら(ニックネーム、年齢、都道府県、職業を記載してください) https://www.iphonejoshibu.com/11104 ※「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、書籍は幻冬舎から発売中 https://onl.sc/Ej2yMS9

    すべて見る

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室418】朝早く起きるには? もともと朝が弱いのにリモートワークから通勤生活になり心配……。

    ✳️今週のお悩み✳️ 
小学生のような恥ずかしい悩み?質問?ですがよろしくお願いします。私はもともと朝が弱いのですが、この数年のリモートワークでさらに弱くなってしまいました。ですが、これから通勤生活が始まることになり、朝早く起きるにはどうしたらいいか?というアイデアをいただきたく応募しました! 朝が弱い系の特徴としては、目覚まし時計はすぐ止めて二度寝してしまう、早く寝ても遅く起きてしまう、です。 (羊系・33歳・会社員・東京都) 宇多丸: 一見ボンクラ系のお悩みみたいにも見

    スキ
    3

    「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、ついに書籍化!! 幻冬舎より発売中! 執拗に、フェアに、意外と優しく、時に興奮しながら、とことん考え答えた人生相談34!

    スキ
    6

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室417】部下が失敗したことをカバーするために動いたらさらに事態が悪化……。悪いこと続きでモチベーションが上がりません。

    ✳️今週のお悩み✳️ 最近ものすごく疲れています。原因は仕事で大スランプ中だからです。私は営業で部下が3人いるのですが、部下が失敗したことをカバーするために自分が動いたけれど、それがもとでさらに悪い方へいくのようなことが起こり、悪いことが続きモチベーションがダウンしてしまいました。自分の責任もありますが、自分の力がおよばないことでそうなってしまったこともあります。ただ、人のせいにはしたくない(しても解決しない)ので、飲み込んではいるのですが、だんだん自分の心のコップの水もいっ

    スキ
    1

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室416】結婚して2年、夫に対して愛情はあるけれど、触れ合いたくない。そんな私は変?

    ✳️今週のお悩み✳️ 結婚して2年になります。子どもはいない夫婦二人暮らしです。私が思っていることは変なのか、お二人に聞きたくて投稿しました。夫に対して愛情はいっぱいあるのですが、触れ合ったりすることがあんまり好きではなくなってしまいました。むしろ「触れ合いなし」を希望。一緒にいてとても楽しいので、別れたいという気持ちは1ミリもないのですが、触れ合ったりは(それ以上のことももちろん)、したくなくなってしまいました。友達に話すと「結婚2年でそれはおかしい」「本当は好きじゃないの

    スキ
    3

    課題解決!ケーススタディ帳

    働く女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションを取材したケーススタディ集。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けています。

    すべて見る

    前例にこだわる上司のせいで新しいことができない! こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、IT企業のプロデュース部でプロジェクトリーダーとして働く、カズエさんのケース。若い世代の提案を

    スキ
    7

    政治色や派閥争いにまみれた男性社会で現場は混乱……。こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、IT企業のプロデュース部でプロジェクトリーダーとして働くカズエさんのケース。派閥争いが色濃く残

    スキ
    5

    人生初のリーダーを任されたけど、スキルも経験も自信もなくて空回り! こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、製薬会社の営業職(MR)8年目のミハルさんのケース。営業職と兼務で入った会社のCSRイベントチ

    スキ
    11

    自分はがんばるのが当たり前、部下は定時が当たり前。こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、印刷会社の営業部のマネージャーであるイチコさんのケース。自分は仕事が好きで、水を飲むように仕事

    スキ
    11

    気になる企業とDE&Iトーク集

    「2030年に“女性活躍”の言葉がなくなるには、何が必要?」DE&Iに取り組む企業の担当者にあれこれインタビュー。理想論やきれいごとで終わらない、血の通った思いや視点が覗けます。

    すべて見る

    大学時代から女性の働く場をつくり続けて40年。田子社長が大切にしてきた、みんなが幸せになれる働き方とは。

    2030年までに“女性活躍”という 言葉がなくなる世界をめざして、 働く女性リーダーを応援する F30プロジェクト。 今回は、 “女性起業家第一世代” と言える1980年代に起業し、 今は官庁や企業のICT関連ヘルプデスクの 運営や出版事業を行う、 株式会社コスモピア(以下コスモピア)の 代表取締役 田子みどり(たご みどり)さん にお話を伺いました。 田子さんが大学卒業と同時に起業をして設立したコスモピアは、40年にわたり、女性が働きやすい環境をつくってきた会社です。い

    スキ
    33

    見ているのは女性活躍のその先。工場の女性管理職を10年前の6倍超にしたカルビーの視点。

    2030年までに“女性活躍”という 言葉がなくなる世界をめざして、 働く女性リーダーを応援する F30プロジェクト。 今回は誰もが知るあの カルビーさんにおじゃまして、 ダイバーシティに取り組むお二人に 話を伺いました。 カルビーさんに女性活躍についての取材をしたいと思ったきっかけは、noteで見つけたとある記事。カルビー公式noteに掲載されたその記事には、2012年はたった3人だった生産部門(工場)の女性管理職(課長以上)が、2022年には20人に増加した経緯が綴られて

    スキ
    31

    働くわたしたちのフェムケア考

    働く女性ならではのカラダとココロの健康課題を解決するためのノウハウ集。生理や更年期との付き合い方から、女性社員の健康管理まで、医師や専門家のノウハウを交えてお届けしています。

    すべて見る

    リモートでもホールドすべし! 専門家に聞く“たれ乳”対策

    インナーウェアコンサルタント・おぬまともこさんに教えてもらいました。密かに悩んでいる人も多い “たれ乳”問題。普段から直接見られる場所ではないものの、年齢とともに見た目や形が変化してしまうと、どうしても気になってしまうものです。 バストの位置や服の着こなしにも影響してしまうこともあり、女子としてはなんとかしたいもの。 年齢のせいだから仕方がないと思うのは、まだ早い! 今からでもできることはきっと何かはあるはず!! ということで、今回はブラジャーに注目。インナーウェアコンサル

    スキ
    2

    デスクでできる!“たれ乳”を「天然ブラ」で補強するエクササイズ

    美乳研究家・MACOさんに教えてもらいました。アラフォーを過ぎた頃から、ふと自分の姿を鏡で見て、「あれ?今までとなんか違う……」と思ったことはありませんか? 「バストが全体的に降りてきてる」「胸の上のボリュームがなくなってきた」…そんな"たれ乳"問題。 年齢のせいだから仕方がないと思うのは、まだ早い! 今からでもできることはきっと何かはあるはず!! ということで、今回は胸のエイジングケアを深掘り。まずは、小顔と美乳のメソッド「こがおっぱい」を提唱している、美乳研究家のMAC

    スキ
    1

    膀胱炎は働き盛りの女性に多い!? よくある泌尿器トラブルと予防法

    女性が通いやすい泌尿器科を開設した佐藤亜耶さんに教えてもらいました。アラフォー・アラフィフともなると、忙しさや更年期、ストレスなどでその時期特有の悩みやトラブルが出てくるもの。その中でも、なかなかまわりに相談しづらいのが、尿もれや頻尿などの悩み。受診のタイミングも難しいし、どの科にかかったらよいかも迷ってしまいますよね。 そこで今回は、女性が通いやすい泌尿器科を開設した、「自由が丘ウロケアクリニック」の院長である佐藤亜耶さんに、アラフォー女子が悩みやすい泌尿器トラブルについ

    スキ
    2

    ぽっこり腹や猫背も筋膜が関係? 仕事中にできるストレッチ&筋膜リリース

    筋膜調整インストラクターの和田優喜子さんに教えてもらいました。「何だかいつも、腰や肩が痛い…」「ぽっこりお腹が気になる…」「自分の姿勢に自信がない…」 アラフォー女子のからだの悩みは尽きないもの。 もしかしたらその悩み、「筋膜」をほぐすことで改善が期待できるかもかもしれません。 ここ数年で「筋膜リリース」という言葉を耳にする機会も増えてきましたが、実際にはどのような効果があるのか、自分でもできるものなのか、実は筋膜リリースって謎だらけ! そこで今回は、筋膜調整インストラク

    スキ
    2