F30プロジェクト〜リーダーとして働く女性へ〜 by女子部JAPAN

わたしたち(Female)が、前(Forward) へ、未来(Future)へ。F30(えふ さんじゅう)プロジェクトは、「女性活躍推進」の先を見すえ、リーダーとして働く女性と2030年まで駆け抜ける取り組みです。血の通ったリーダーの経験や思いをnoteで届けています。

F30プロジェクト〜リーダーとして働く女性へ〜 by女子部JAPAN

わたしたち(Female)が、前(Forward) へ、未来(Future)へ。F30(えふ さんじゅう)プロジェクトは、「女性活躍推進」の先を見すえ、リーダーとして働く女性と2030年まで駆け抜ける取り組みです。血の通ったリーダーの経験や思いをnoteで届けています。

    マガジン

    • 気になる企業とDE&Iトーク集

      「2030年に“女性活躍”の言葉がなくなるには、何が必要?」DE&Iに取り組む企業の担当者にあれこれインタビュー。理想論やきれいごとで終わらない、血の通った思いや視点が覗けます。

    • ライムスター宇多丸のお悩み相談室

      恋愛、結婚、仕事、コンプレックス、汚部屋問題から社会問題まで、毎週イラスト付きでライムスター宇多丸さんが真摯に解答(聞き手・小林奈巳)。10年目を迎える連載企画、お悩みも募集中! ※お悩みの応募はこちら(ニックネーム、年齢、都道府県、職業を記載してください) https://www.iphonejoshibu.com/11104 ※「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、書籍は幻冬舎から発売中 https://onl.sc/Ej2yMS9

    • 課題解決!ケーススタディ帳

      働く女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションを取材したケーススタディ集。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けています。

    • 働くわたしたちのフェムケア考

      働く女性ならではのカラダとココロの健康課題を解決するためのノウハウ集。生理や更年期との付き合い方から、女性社員の健康管理まで、医師や専門家のノウハウを交えてお届けしています。

    リンク

    気になる企業とDE&Iトーク集

    「2030年に“女性活躍”の言葉がなくなるには、何が必要?」DE&Iに取り組む企業の担当者にあれこれインタビュー。理想論やきれいごとで終わらない、血の通った思いや視点が覗けます。

    すべて見る

    違いを認め合い、強さに変えていく。その第一歩として、低用量ピル服薬の福利厚生制度を導入した女性活躍推進の取り組み。

    2030年までに“女性活躍”という 言葉がなくなる世界をめざして、 リーダーとして働く女性を応援する F30プロジェクト。 今回は 「オンライン診療を活用した 低用量ピル服薬の福利厚生制度」 をスピード感を持って導入した、 株式会社CARTA HOLDINGSさんを訪問。 社員発のD&Iプロジェクトについて、 お話を伺ってきました。 2019年に、20年以上の歴史を持った異なる2社が統合して設立された株式会社CARTA HOLDINGS(カルタホールディングス)。バリュー

    スキ
    2

    人材派遣業務の常識を覆す「電話面談」に一人で挑戦。目指すは、誰もが幸せに働ける職場づくり。

    2030年までに“女性活躍”という 言葉がなくなる世界をめざして、 リーダーとして働く女性を応援する F30プロジェクト。 今回は 今回は人材ビジネスを行う ワークスアイディ株式会社さん におじゃまして、 ダイバーシティに取り組む 朝比奈一紗さんにお話を伺いました。 「人材派遣業務はこうあるべきだ」。そんな常識を覆し、社内に働き方改革をもたらしたワークスアイディ株式会社 HRS事業統括本部 HRSマーケティング部長の朝比奈 一紗(あさひな かずさ)さん。2021年には、フ

    スキ
    3

    意識を変えるのは難しいから、丁寧に。100年企業のカンロが取り組むダイバーシティ改革。

    2030年までに“女性活躍”という 言葉がなくなる世界をめざして、 リーダーとして働く女性を応援する F30プロジェクト。 今回は 「カンロ飴」で有名な誰もが知る企業、 カンロ株式会社さんにおじゃまして、 ダイバーシティに取り組む3人に お話を伺いました。 ダイバーシティ推進の先進的な取り組みが評価され、令和2年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれるなど、広くD&Iに取り組んでいるカンロさん。取り組みを始めた経緯や現在の課題感、今後の目標とは? 人事部長 西

    スキ
    9

    有休を取ると、手当ももらえる!? “休む文化”を浸透させて、誰もが働きやすい職場へ。

    2030年までに“女性活躍”という 言葉がなくなる世界をめざして、 リーダーとして働く女性を応援する F30プロジェクト。 女性活躍と聞くと 女性ばかりにスポットが 当たりがちですが、 その根本は性別問わず活躍できる 環境があるべきだということです。 今回は、従業員が 「働くうえで性差を感じない」と 従業員アンケートで出ている企業、 株式会社コスモスモアさんの 画期的な従業員支援制度に ついてご紹介します。 働く場をつくるオフィス事業と、リノベーションをはじめとする建築

    スキ
    11

    ライムスター宇多丸のお悩み相談室

    恋愛、結婚、仕事、コンプレックス、汚部屋問題から社会問題まで、毎週イラスト付きでライムスター宇多丸さんが真摯に解答(聞き手・小林奈巳)。10年目を迎える連載企画、お悩みも募集中! ※お悩みの応募はこちら(ニックネーム、年齢、都道府県、職業を記載してください) https://www.iphonejoshibu.com/11104 ※「ライムスター宇多丸のお悩み相談室」、書籍は幻冬舎から発売中 https://onl.sc/Ej2yMS9

    すべて見る

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室424】毎晩お酒を飲んでしまいます。楽しいけど、翌日がつらすぎる! どうしたら自制できますか?

    ✳️今週のお悩み✳️ こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。昨年を振り返っての相談です。ストレスでお酒を飲むことが増えて、昨年は10キロくらい太ってしまいました。なんだか毎日忙しく、その反動か、お酒を飲まないといられない、寝られない、そんな習慣になっています。気分が落ちることはなく、飲んでる最中は(ひとりだったり、同僚とだったり)すごく楽しいのですが、翌日がつらすぎます……。なので少し控えるなどしたいのですが、惰性もあり、毎晩毎晩飲んでいます。どうしたら自制できる

    スキ
    4

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室423】テレビや配信を観ていないため、職場のみんなの話についていけない。手っ取り早く情報を得るにはどうしたらいい?

    ✳️今週のお悩み✳️ 私はあまりテレビや配信を観ていないため、職場のみんなの話についていけていません。仕事が忙しく、時間があれば寝ていたいし、そのほかの時間は自分の好きな本を読んだり、展覧会にでかけたり、友達に会ったりしているので、やはりテレビや配信を観る時間がなく、とくにドラマ情報、芸能人、CMなど、職場の人に知らないの?やばくない?というような状況です。会話についていくために少し知りたいと思うこともあるのですが、そのために時間を費やすのは無駄な気がしており、でも変な人扱い

    スキ
    8

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室422】高校1年生の息子への性教育、大事だとわかっているけど恥ずかしく、まだ向き合って話せていません。

    ✳️今週のお悩み✳️ 高校生1年生の男子の母です。去年まではまったくのお子ちゃまだった息子も、高校生になり精神的・身体的にぐっと成長したと同時に、交友関係も急に広くなり、どちらかというと苦手だった女子とのおしゃべりも楽しめている様子です。それ自体は親として嬉しいことなのですが、ふと心配になってきたのが、交際そしてその先の性教育。生理など女性の体についての理解とか、恋人との性行為に対しての責任の持ち方など、大人になっていく彼に伝えるべきことだと頭ではわかっていますが、なんとも恥

    スキ
    6

    【ライムスター宇多丸のお悩み相談室_事後報告26】 「二人で観て盛り上がり、また観に行こうと約束した映画を、映画評論家の低い評価により『もう行かない、面白くない映画だから』『考え方は変わるものだから』と言う彼。正論だけど納得できず……」の、その後

    【事後報告(No.412)】 パクチー本当無理さん、まずはご報告、ありがとうございます! しかしこれ、なんかちょっとあんまりいい方向には行かなかったみたいで、僕らとしても大変残念ですね……。 というより! 僕はですね、彼の返答の予想外なひどさに、怒りのあまり一瞬めまいがしてしまったほど、というのが正直なところでして。 なので、ひょっとしたらパクチー本当無理さんには「いや、自分的にはそこまでのことでもないんですけど……(笑)」みたいな剣幕になってしまうかもしれませんが、

    スキ
    1

    課題解決!ケーススタディ帳

    働く女性リーダーたちが実際に体験したコミュニケーションの課題とそれに対するアクションを取材したケーススタディ集。同じような課題を抱える人のヒントになれば、という思いで届けています。

    すべて見る

    前例にこだわる上司のせいで新しいことができない! こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、IT企業のプロデュース部でプロジェクトリーダーとして働く、カズエさんのケース。若い世代の提案を

    スキ
    8

    政治色や派閥争いにまみれた男性社会で現場は混乱……。こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、IT企業のプロデュース部でプロジェクトリーダーとして働くカズエさんのケース。派閥争いが色濃く残

    スキ
    8

    人生初のリーダーを任されたけど、スキルも経験も自信もなくて空回り! こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、製薬会社の営業職(MR)8年目のミハルさんのケース。営業職と兼務で入った会社のCSRイベントチ

    スキ
    12

    自分はがんばるのが当たり前、部下は定時が当たり前。こんなとき、どうする?

    リーダーとして仕事をしていれば、必ずぶつかる コミュニケーションや人間関係の問題。 相対する人も違えば、状況もさまざまで、 「こうすれば正解」がないのが 難しいところです。 そこで、 女性リーダーたちが実際に体験した コミュニケーションの課題と それに対するアクションを ケーススタディとして紹介。 同じような課題を抱える人のヒントになれば、 という思いで届けていきます。 今回は、印刷会社の営業部のマネージャーであるイチコさんのケース。自分は仕事が好きで、水を飲むように仕事

    スキ
    13

    働くわたしたちのフェムケア考

    働く女性ならではのカラダとココロの健康課題を解決するためのノウハウ集。生理や更年期との付き合い方から、女性社員の健康管理まで、医師や専門家のノウハウを交えてお届けしています。

    すべて見る

    リモートでもホールドすべし! 専門家に聞く“たれ乳”対策

    インナーウェアコンサルタント・おぬまともこさんに教えてもらいました。密かに悩んでいる人も多い “たれ乳”問題。普段から直接見られる場所ではないものの、年齢とともに見た目や形が変化してしまうと、どうしても気になってしまうものです。 バストの位置や服の着こなしにも影響してしまうこともあり、女子としてはなんとかしたいもの。 年齢のせいだから仕方がないと思うのは、まだ早い! 今からでもできることはきっと何かはあるはず!! ということで、今回はブラジャーに注目。インナーウェアコンサル

    スキ
    2

    デスクでできる!“たれ乳”を「天然ブラ」で補強するエクササイズ

    美乳研究家・MACOさんに教えてもらいました。アラフォーを過ぎた頃から、ふと自分の姿を鏡で見て、「あれ?今までとなんか違う……」と思ったことはありませんか? 「バストが全体的に降りてきてる」「胸の上のボリュームがなくなってきた」…そんな"たれ乳"問題。 年齢のせいだから仕方がないと思うのは、まだ早い! 今からでもできることはきっと何かはあるはず!! ということで、今回は胸のエイジングケアを深掘り。まずは、小顔と美乳のメソッド「こがおっぱい」を提唱している、美乳研究家のMAC

    スキ
    1

    膀胱炎は働き盛りの女性に多い!? よくある泌尿器トラブルと予防法

    女性が通いやすい泌尿器科を開設した佐藤亜耶さんに教えてもらいました。アラフォー・アラフィフともなると、忙しさや更年期、ストレスなどでその時期特有の悩みやトラブルが出てくるもの。その中でも、なかなかまわりに相談しづらいのが、尿もれや頻尿などの悩み。受診のタイミングも難しいし、どの科にかかったらよいかも迷ってしまいますよね。 そこで今回は、女性が通いやすい泌尿器科を開設した、「自由が丘ウロケアクリニック」の院長である佐藤亜耶さんに、アラフォー女子が悩みやすい泌尿器トラブルについ

    スキ
    2

    ぽっこり腹や猫背も筋膜が関係? 仕事中にできるストレッチ&筋膜リリース

    筋膜調整インストラクターの和田優喜子さんに教えてもらいました。「何だかいつも、腰や肩が痛い…」「ぽっこりお腹が気になる…」「自分の姿勢に自信がない…」 アラフォー女子のからだの悩みは尽きないもの。 もしかしたらその悩み、「筋膜」をほぐすことで改善が期待できるかもかもしれません。 ここ数年で「筋膜リリース」という言葉を耳にする機会も増えてきましたが、実際にはどのような効果があるのか、自分でもできるものなのか、実は筋膜リリースって謎だらけ! そこで今回は、筋膜調整インストラク

    スキ
    2